« 物理の根幹、新たな数式 名大教授の予測を実証 | トップページ | 世界の飲み水を救うために »

2012年1月18日 (水)

新たな高機能性材料メソポーラス・プルシアンブルーの合成に成功

新たな高機能性材料
メソポーラス・プルシアンブルーの合成
に成功

-表面積の増大によるセシウム吸着性能
の向上-
2011.12.19
独立行政法人
物質・材料研究機構

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 独立行政法人 物質・材料研究機構
(理事長:潮田 資勝、以下NIMS)は、
無数のナノ細孔(メソポーラス)を
プルシアンブルーの結晶構造体中に形成
させることに成功した。

 本研究では、エッチングを使った
新合成法を用いて、プルシアンブルーの
ナノ粒子を分散させた溶液に水溶性高分子
を加え、酸性条件で攪拌することにより、
自発的に無数のナノ細孔を粒子中に形成
させることができた。

 その結果、表面積は1gあたり330m2以上
の高い値を示し、今までに報告されている
すべてのプルシアンブルーの中で最も
大きい表面積を達成した。

 これは、市販のプルシアンブルー粒子と
比較すると10倍以上の表面積である。

 そのメソポーラスプルシアンブルーを
用いて、セシウム吸着実験を行ったところ、
市販のプルシアンブルーに比べて8倍以上
のセシウムを吸着することに成功した。

 この吸着能は海水中でも同様の効果が
期待できると考えられる。

 また、プルシアンブルーは金属置換
によってセシウム吸着能をさらに向上する
ため、現在、本手法の
Co-Feプルシアンブルー類似体などへの
適用を試みている。

 今後、これら材料の吸着材としての試験
を進め、プロセスを簡略にすることで、
量産化への対応をはじめ、実用に近付く
展開が期待される。
---------------------------------------

良さそうですね。
期待したい。
とにかく最終処分量を減らさないと扱いに
困る。

|

« 物理の根幹、新たな数式 名大教授の予測を実証 | トップページ | 世界の飲み水を救うために »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53764993

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな高機能性材料メソポーラス・プルシアンブルーの合成に成功:

« 物理の根幹、新たな数式 名大教授の予測を実証 | トップページ | 世界の飲み水を救うために »