« 日本人の能天気さはギリシャに匹敵 国家財政の破綻は、ある日突然起こる | トップページ | 電力需給:政府今夏試算「6%余裕」伏せる 再生エネ除外、「不足」のみ公表 »

2012年1月22日 (日)

低線量被曝といかに向き合うか

低線量被曝といかに向き合うか
2012年01月09日
Neurology
興味を持った「神経内科」論文

詳細は、リンクを参照して下さい。

被爆するということについて
整理出来ます。

危険なのか、そうでないのか?
結局は、各個人の判断にならざるを得ない。

せめて客観的で、正確と思われる情報を
見て、出来るだけ良いと思われる行動を
とるしかないのでしょう。

このブログは良い情報が紹介されています。
時々見て、情報を仕入れてください。
参考になると思います。

神経難病在宅療養ハンドブック
も考えさせられますね。

|

« 日本人の能天気さはギリシャに匹敵 国家財政の破綻は、ある日突然起こる | トップページ | 電力需給:政府今夏試算「6%余裕」伏せる 再生エネ除外、「不足」のみ公表 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53796710

この記事へのトラックバック一覧です: 低線量被曝といかに向き合うか:

« 日本人の能天気さはギリシャに匹敵 国家財政の破綻は、ある日突然起こる | トップページ | 電力需給:政府今夏試算「6%余裕」伏せる 再生エネ除外、「不足」のみ公表 »