« カニもびっくり! 横移動ができる自走式車イス「サイドウェイ」 | トップページ | 元アップル社員がサーモスタットの歴史を変える! “冷暖房界のiPod”――「ネスト」の革新性 »

2012年1月 6日 (金)

京都大の山中教授に聞く、iPS細胞の倫理的な問題をどう考えますか

京都大の山中教授に聞く、iPS細胞の
倫理的な問題をどう考えますか

2011/1 産経新聞 誠

詳細は、リンクを参照して下さい。

以外だと思ったのは、再生医療の進歩で
>日本ではおそらく1、2年でiPS細胞を
>使った臨床研究が始まるが、
>ここまで進むとは思っていません
>でした。
と、そして

>遅れていると感じるのは創薬で、
>再生医療よりもはるかに早く進むと
>思っていた

創薬の開発に利用するのがもっとも
早いと私も思っていましたが、
お金がかかるからなのか?
技術的な問題なのか?

:ネックになっていることを明確にして
積極的に進めて欲しい。

創薬が最も多くの人に利益をもたらす
はず。


今後の研究目標については、
>山中:1番目がiPS細胞の基盤技術を
>確立して知的財産権を獲得することで、
>これは相当達成しています。

>2番目が再生医療用のiPS細胞バンクを
>作ること。

>3番目はいくつかの疾患について
>再生医療の臨床試験を10年以内に
>始めたい。

>4番目が疾患iPS細胞を使った創薬です。
と言っています。
研究の優先順位はこんな感じらしいです。


iPS細胞の倫理的な問題については、
>iPS細胞にも新たな倫理的な課題が
>あるので、研究の透明性を高め、
>良いデータも悪いデータもきちんと
>報告することが大切。
>生命倫理の判断は研究者だけでは
>できないので、ガラス張りにしながら
>進めていく必要を強く感じています。
同感です。

|

« カニもびっくり! 横移動ができる自走式車イス「サイドウェイ」 | トップページ | 元アップル社員がサーモスタットの歴史を変える! “冷暖房界のiPod”――「ネスト」の革新性 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53668890

この記事へのトラックバック一覧です: 京都大の山中教授に聞く、iPS細胞の倫理的な問題をどう考えますか:

« カニもびっくり! 横移動ができる自走式車イス「サイドウェイ」 | トップページ | 元アップル社員がサーモスタットの歴史を変える! “冷暖房界のiPod”――「ネスト」の革新性 »