« 理研、世界的な論争が続けられてきた水の界面構造の謎を分子レベルで解明 | トップページ | 物理の根幹、新たな数式 名大教授の予測を実証 »

2012年1月17日 (火)

光周波数資源の帯域を7?10倍拡大可能とする量子ドット光源

光周波数資源の帯域を7?10倍拡大可能
とする量子ドット光源

13 JANUARY 2012 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 A情報通信研究機構 NICT
(エヌアイシーティ) 光ネットワーク研究所
は半導体量子ドットを活用し、広帯域な
波長の可変性と高い光周波数の安定性を
併せ持つ量子ドット光源の開発に成功
しました。

 量子ドット光源は現在光通信に利用
されている波長1.55ミクロン帯の
10テラヘルツ程の帯域に対し
1.0~1.3ミクロン帯での動作を可能とし、
光通信に利用できる光周波数資源の帯域を
7~10倍拡大する事ができます。

 この新しい波長帯域である
1.0~1.3ミクロン帯は人体の皮膚や水分の
透過性に優れている事から、
バイオイメージングや医療センシング
といった分野での利用も期待されて
います。
---------------------------------------

素晴らしいですね。

>光周波数資源の帯域を
>7~10倍拡大する事ができます。
とのことです。

さらに
>人体の皮膚や水分の透過性に優れて
>いる事から、バイオイメージングや
>医療センシングといった分野での利用
>も期待されています。
どういう応用が出てくるのでしょうか?
期待したい。

|

« 理研、世界的な論争が続けられてきた水の界面構造の謎を分子レベルで解明 | トップページ | 物理の根幹、新たな数式 名大教授の予測を実証 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53758216

この記事へのトラックバック一覧です: 光周波数資源の帯域を7?10倍拡大可能とする量子ドット光源:

« 理研、世界的な論争が続けられてきた水の界面構造の謎を分子レベルで解明 | トップページ | 物理の根幹、新たな数式 名大教授の予測を実証 »