« 耳の軟骨からの移植用再生軟骨を長期間保存することに世界で初めて成功 | トップページ | 超光速ニュートリノの波紋 »

2011年12月13日 (火)

プロメテウスの罠 学長の逮捕5

プロメテウスの罠 学長の逮捕5
2011/12/13 朝日新聞より


 この記事によると放射線を浴びること
による健康被害は、一般的には「がん」
の発生率増加しか聞こえてきませんが、

医薬品などの支援をしている日本の
NPO法人「チェルノブイリ救援・中部」
(名古屋市)へのナロジチ地区中央病院
からの報告によると、
児童の呼吸器系疾患の増加が見られる
ようです。

 人口当たりの発生率は、1988年の11.6%
が08年には同60.4%と約5倍になったそう
です。

 又、大人の場合、心臓血管系疾患が
最近の10年で3倍と急増しているらしい。

 放射線のがん以外の疾患への影響は
まだまだ研究が足りません。
 がんの発生確率には変化が見られない
と言う話しか出てこない。

 統計データとしてはっきり出てくるはず
です。

 チェルノブイリだけでなく、今回の
福島原発事故についても、隠すことなく、
客観的な科学データとして公表して
貰いたい。

それが事故を起こした国の責任だと
思います。

「がん」以外にも影響があるようです。
気をつけてください。

|

« 耳の軟骨からの移植用再生軟骨を長期間保存することに世界で初めて成功 | トップページ | 超光速ニュートリノの波紋 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53475156

この記事へのトラックバック一覧です: プロメテウスの罠 学長の逮捕5:

« 耳の軟骨からの移植用再生軟骨を長期間保存することに世界で初めて成功 | トップページ | 超光速ニュートリノの波紋 »