« マツダのクリーンディーゼル次世代セダンコンセプト - 雄 TAKERI | トップページ | 福島第一で岩盤の揺れ、想定の3倍 保安院が解析 »

2011年12月11日 (日)

iPS細胞から大量血小板…京大研究所

iPS細胞から大量血小板…京大研究所
2011年12月11日  読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 人のiPS細胞(新型万能細胞)から、
止血効果のある血小板を大量に作り出す
方法を、京都大iPS細胞研究所が開発
した。

 将来的には、手術前に患者自身の
iPS細胞から輸血用の血小板を作って
おくことも可能になるという。

 12日に開かれる米国血液学会で発表
する。

 同研究所の江藤浩之教授や中村壮研究員
らは、iPS細胞の作製に使われる遺伝子
「c―Myc」が、血小板を作る血液細胞
「巨核球」を増やすことに着目。
 iPS細胞が巨核球に変化する過程で、
c―Mycと、細胞増殖を助ける別の
遺伝子を細胞核に導入した。
 この二つの遺伝子を活性化する薬剤を
加えて、巨核球を大量に増やした。

 この巨核球からできた血小板を、
マウスに注射して実験。
 血管を傷つけると、注射した血小板が
数秒で傷口に集まり、止血することを
確認した。
---------------------------------------

iPS細胞研究進んできました。
良さそうですね。

>江藤教授は「巨核球は大量に増やせる
>ようになったが、そこから血小板ができる
>効率はまだ低い。効率を上げて、輸血に
>必要な量を確保する技術開発を進め
>3、4年以内には臨床試験を行いたい」
と言っていますので、
まだ時間がかかりそうです。

iPS細胞は次の4つの遺伝子を
組み込むことが特徴と言われてます。
「Oct3/4」
「cMyc」
「SOX2」
「K1f4」

この投稿では、
安全、高効率にiPS細胞を作製
マウスで100%と京大

2011年6月 9日

cMycを除く三つの
遺伝子とGlis1(グリスワン)を、
マウスとヒトの線維芽細胞に導入。
したと言ってます。

cMycはがんにからむ遺伝子
なのでちょっと心配ですね。
>iPS細胞由来の細胞はがん化する
>可能性が指摘される。
>ただ、血小板は細胞核がなく、
>iPS細胞から作製した後に放射線を
>あてて血小板以外の細胞をのぞけば、
>がん化リスクを避けられるという。
ということなので問題ないのかな?

|

« マツダのクリーンディーゼル次世代セダンコンセプト - 雄 TAKERI | トップページ | 福島第一で岩盤の揺れ、想定の3倍 保安院が解析 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53456994

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞から大量血小板…京大研究所:

« マツダのクリーンディーゼル次世代セダンコンセプト - 雄 TAKERI | トップページ | 福島第一で岩盤の揺れ、想定の3倍 保安院が解析 »