« 体外受精児を追跡調査へ 人工操作加えるほど体重増 | トップページ | 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新たな運動神経変性メカニズムを解明 »

2011年12月28日 (水)

「2011年科学10大発見」…サイエンス誌

「2011年科学10大発見」
…サイエンス誌

2011年12月23日19時45分 読売新聞

---------------------------------------
◆サイエンス誌の
「2011年科学10大発見」

1 エイズウイルス(HIV)予防薬の
  臨床試験
2 小惑星探査機「はやぶさ」ミッション
  成功
3 化石の遺伝情報で人類起源に新知見
4 光合成に関与するたんぱく質構造解明
5 宇宙創成期の組成を示す水素ガス雲
6 ヒト腸内微生物の生息条件解明
7 有望なマラリアのワクチンの開発
8 太陽系の常識を超える天体の発見
9 ゼオライトの製造技術進歩
10 老化細胞を除く抗加齢研究
---------------------------------------

だそうです。

結構科学面の記事は見ているつもり
ですが、知らなかった項目が幾つも
ある。
見逃したのか、それとも日本では
記事にとりあげられなかったのか?

|

« 体外受精児を追跡調査へ 人工操作加えるほど体重増 | トップページ | 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新たな運動神経変性メカニズムを解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53590384

この記事へのトラックバック一覧です: 「2011年科学10大発見」…サイエンス誌:

« 体外受精児を追跡調査へ 人工操作加えるほど体重増 | トップページ | 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新たな運動神経変性メカニズムを解明 »