« SPEEDIの利用に待った! | トップページ | プロメテウスの罠 学長の逮捕5 »

2011年12月13日 (火)

耳の軟骨からの移植用再生軟骨を長期間保存することに世界で初めて成功

耳の軟骨からの移植用再生軟骨を
長期間保存することに世界で初めて成功

-鼻の再生治療の実用化に見通し-
平成23年12月2日
富士ソフト株式会社
科学技術振興機構(JST)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 富士ソフト株式会社
(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:
坂下 智保)は、JSTの企業向け
公募プログラム「独創的シーズ展開事業・
委託開発」注1)の開発課題「先天性顔面
疾患に用いるインプラント型再生軟骨」で
実用化開発を行い、耳の軟骨から作製した
鼻への移植用再生軟骨を、三次元構造のまま
細胞生存性と無菌状態を長期間維持できる
技術を世界で初めて開発しました。

 再生医療の実用化には、遠隔地の病院へ
搬送するなど、製造後しばらくの期間、
再生軟骨をそのままの状態で保存すること
が必要であると考えられます。

 今回の成功により富士ソフトでは製品化
のための治験準備を開始いたします。

 3年後の治験終了及び薬事申請を目指し、
実用化に向けた申請手続きを推進して
いきます。
---------------------------------------

良いですね。
少しずつですが、再生医療進んでいます。

再生医療関連記事として
ひざの半月板、再生治療法を開発
東京医科歯科大

2011年12月12日 朝日新聞

があります。

かなり古いですが、
再生医療で軟骨損傷治療
スポーツや事故の外傷に
広島大整形外科で開発

というのもあります。
東京医科歯科大の治療に似て
いますね。

ご参考まで、

|

« SPEEDIの利用に待った! | トップページ | プロメテウスの罠 学長の逮捕5 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53474991

この記事へのトラックバック一覧です: 耳の軟骨からの移植用再生軟骨を長期間保存することに世界で初めて成功:

« SPEEDIの利用に待った! | トップページ | プロメテウスの罠 学長の逮捕5 »