« iPS細胞から大量血小板…京大研究所 | トップページ | 関数ググるとグラフになる新機能で遊んでみよう »

2011年12月11日 (日)

福島第一で岩盤の揺れ、想定の3倍 保安院が解析

福島第一で岩盤の揺れ、想定の3倍
保安院が解析

2011年12月9日 gooニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東日本大震災時に東京電力福島第一原発
や東北電力女川原発(宮城県)の
地下岩盤部で地震の揺れが、国の新しい
耐震指針による想定を上回っていたこと
が9日、明らかになった。

 福島第一原発では敷地沖が震源になった
場合の揺れの見積もりの約3倍だった
うえに、余裕を持たせたはずの設計用の
揺れも超えた。

 地震対策の前提となる揺れの想定が
過小評価だったことを裏づけた。

 経済産業省原子力安全・保安院が専門家
からの意見聴取会で解析結果を明らかに
した。

 原発の耐震設計では直下の岩盤で想定
する揺れの「基準地震動」がすべての
基本。上に造られる建屋や機器類が地震
に耐えるかの評価に使われる。
---------------------------------------

>国の新しい耐震指針による想定を
>上回っていた。
これで新しい耐震基準?
さっそく想定外ですか?

どういう前提で一万年に一度などという
話が出てくるのか理解できない。

この基準はこれからのもの、
それこそ、一万年に一度くらいしか
超える地震は起こらないものだと
思っていましたが、そうでもない。

原発事故はあってはならないもの。
でしょ?

そう思っていない人ばかりが集まって
いるのでは? と思ってしまう。

そんなにマージンを見ていては、原発など
出来ないと誰かがいっていませんでした?
本当に地震国日本に作って安全なのですか?

>福島第一原発では敷地沖が震源になった
>場合の揺れの見積もりの約3倍だった
>うえに、余裕を持たせたはずの設計用の
>揺れも超えた。
これで本当に地震の影響はなかったと?
信用できない。

どういうメンバーが集まって決めたのか?
その基礎となったデータは何を使用した
のか明らかにしてほしい。

想定外ばかりでは危なくてしかたがない。

|

« iPS細胞から大量血小板…京大研究所 | トップページ | 関数ググるとグラフになる新機能で遊んでみよう »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53457261

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一で岩盤の揺れ、想定の3倍 保安院が解析:

« iPS細胞から大量血小板…京大研究所 | トップページ | 関数ググるとグラフになる新機能で遊んでみよう »