« 「2011年科学10大発見」…サイエンス誌 | トップページ | CO2回収貯留、隠れたエネルギー問題 »

2011年12月28日 (水)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新たな運動神経変性メカニズムを解明

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新たな
運動神経変性メカニズムを解明

-D-セリンを標的にした新規治療法
開発に期待-
2011/12/27
慶応義塾大学プレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ALSは運動神経が選択的に変性して
しまう神経難病の一つです。

 発症後数年で全身の筋力低下に陥る
深刻な病気ですが、現在のところ病気の
原因は未解明で、進行を完全に食い止める
有効な治療法は確立されていません。

 これまでに我々はALS においてD-セリン
が脊髄への蓄積を来すことを発見しました
が、そのメカニズムや意義は明らかでは
ありませんでした。

 この度、D-セリン分解酵素
(D-amino acid oxidase; DAO)の異常が
D-セリンの脊髄への蓄積を引き起こし、
運動神経変性の制御に深く関与することを
世界で初めて明らかにしました。

 今後、DAO やD-セリンに焦点をあてた
ALS治療薬開発への応用が期待されます。
---------------------------------------

希望が出てきましたね。
期待したい。

|

« 「2011年科学10大発見」…サイエンス誌 | トップページ | CO2回収貯留、隠れたエネルギー問題 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53590455

この記事へのトラックバック一覧です: 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新たな運動神経変性メカニズムを解明:

« 「2011年科学10大発見」…サイエンス誌 | トップページ | CO2回収貯留、隠れたエネルギー問題 »