« 赤外線でのがん治療法開発 マウス8割完治、副作用なし | トップページ | 放射性物質除去の新技術、1グラムのナノファイバーで1トンの汚染水を処理 »

2011年11月 7日 (月)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

久しぶりで見てみました。

いくつか新しい情報があるようです。
ページの表示も変わったようです。

多発性硬化症Q&A他追加された?


下記更新情報がありましたので、紹介して
おきます。

最新の項目のみです。

1.ECTRIMS2011報告

>総じて、フィンゴリモドの効果、安全性
>について大きな問題点は現時点でないもの
>と判断できそうです。
とのことで、

フィンゴリモドの話以外にも、
バイオジェンが開発中の経口薬BG12
(フマル酸ジメチル)の第III相試験結果
とか、いくつか興味深い話が報告されて
います。

興味のある方はリンクを見てください。

|

« 赤外線でのがん治療法開発 マウス8割完治、副作用なし | トップページ | 放射性物質除去の新技術、1グラムのナノファイバーで1トンの汚染水を処理 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53186225

この記事へのトラックバック一覧です: 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 :

« 赤外線でのがん治療法開発 マウス8割完治、副作用なし | トップページ | 放射性物質除去の新技術、1グラムのナノファイバーで1トンの汚染水を処理 »