« 「京」コンピュータが京速を達成 - Top500の首位堅持に期待 | トップページ | 日本電気硝子の見えないガラス、視感反射率は0.1%以下 »

2011年11月 3日 (木)

脳波でロボット動く…ALS患者支援に道

脳波でロボット動く…ALS患者支援に道
2011年11月3日09時06分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 運動まひのある患者の脳表面の脳波から
運動の意図を読み取り、ロボットの手や
腕を動かすことに、大阪大学の吉峰俊樹
教授(脳神経外科)などのチームが世界で
初めて成功した。

 筋肉を動かすことのできない筋萎縮性
側索硬化症(ALS)の患者の運動や
意思伝達を手助けする装置の開発に
つながると期待される。

 米国の神経科学専門誌に3日発表する。

 研究チームは、難治性てんかんなどの
治療のため、脳表面に電極を置く手術を
受けた13~66歳の12人の患者の承諾
を得て、手を握ったり、肘を曲げたりする
時の脳波を計測。

 運動の開始時に、脳中央部にある
中心溝内の脳波の高周波成分が増加し、
そのパターンが運動の種類によって異なる
ことを発見した。

 患者ごとに脳波の特徴的なパターンを
コンピューターに記憶、学習させること
で、患者の運動を60~90%の精度で
推定することができた。

 神経を損傷して腕が5年間動かせ
なかった患者でも、運動をイメージする
ことで、その意図を推定できた。

 軽い運動まひのある患者を含む4人で、
脳波を使ってロボットの手と腕を動かす
ことに成功した。
---------------------------------------

素晴らしい成果だと思います。
リハビリも大事ですが、どうすることも
出来ないこともある。

BMIを使用する研究は世界中でされて
いるようです。

早く実用に供することができるものが
出てくると良いですね。

以前投稿したもののなかから、
関連しているものを幾つか紹介
しておきます。
脳で動かす生活支援ロボット、ドイツ
2010年4月20日
脳波で電動車いすをリアルタイム制御
2009年7月 1日
長期安定性を誇るブレインマシン
インターフェイス(BMI)技術を確立

2010年4月 7日

関連記事です。
トヨタ、次世代の介護・医療支援向け
パートナーロボットを発表

2011/11/02

期待しています。

|

« 「京」コンピュータが京速を達成 - Top500の首位堅持に期待 | トップページ | 日本電気硝子の見えないガラス、視感反射率は0.1%以下 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53151001

この記事へのトラックバック一覧です: 脳波でロボット動く…ALS患者支援に道:

« 「京」コンピュータが京速を達成 - Top500の首位堅持に期待 | トップページ | 日本電気硝子の見えないガラス、視感反射率は0.1%以下 »