« 近距離で未確認のニュートリノ振動、兆候発見 | トップページ | NEC、従来の2倍の寿命を持つマンガン系リチウムイオン2次電池を開発 »

2011年11月13日 (日)

パルスパワーがキノコを育てる ~大学と農業の連携~

パルスパワーがキノコを育てる
~大学と農業の連携~
2011.11.01配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 岩手大学工学部の高木浩一先生は、
高電圧パルスパワーを、農業や食品加工へ
応用する技術を研究しています。

 パルスパワーの刺激によりキノコの菌糸
の活性化を図り、活性化がキノコ誕生の基
を形成するきっかけとなることを解明。

 小型パルス電源の実用化も進められ、
大学から発信する農工連携を目指した
研究開発が期待されています。
---------------------------------------

面白いです。
知りませんでした。

大学と農業もそうですが、企業との連携
も、もっと拡大して貰いたい。

今の大学には夢がないような気がする。
もっと世の中とのしっかりした繋がり
があって良いと思う。

大学をもっと世の為に生かせるシステム
作りを考える必要があると思いますが、
どうでしょう?

企業に人を供給することのみが役目では
ないと思う。

|

« 近距離で未確認のニュートリノ振動、兆候発見 | トップページ | NEC、従来の2倍の寿命を持つマンガン系リチウムイオン2次電池を開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53232914

この記事へのトラックバック一覧です: パルスパワーがキノコを育てる ~大学と農業の連携~:

« 近距離で未確認のニュートリノ振動、兆候発見 | トップページ | NEC、従来の2倍の寿命を持つマンガン系リチウムイオン2次電池を開発 »