« スーパーつるつるな表面加工、ハーバード大が開発 | トップページ | 部活リケジョ、「化学」大発見、米誌に掲載へ »

2011年11月20日 (日)

読書の達人は脳の「視覚辞書」で言葉を認識

読書の達人は脳の「視覚辞書」で言葉を認識
2011年11月17日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 読書スキルに長けている人は言葉を
「読む」のではなく、言葉の形を記憶した
「視覚辞書」を元に言葉を認識するため
読むスピードが非常に速いそうだ
(Georgetown University Medical Center
のニュース、本家 /. 記事より) 。

 言葉の認識は視覚と音韻の双方から処理
されているとする神経科学者らもいる
そうだが、今回の研究ではこれが常では
ないということが明かになったとのこと。

 言葉を認識する際の MRI 画像をみると、
例えば「hair」と「hare」の 2 つの
同音異義語は全く異なる領域の
ニューロンが活性化するという。

 言葉の認識に音韻も関わっているので
あれば近い、もしくは同じニューロンが
活性化すると考えられるが、実際には全く
異なる言葉として処理されていることが
分かる。

 しかし最初から視覚のみで認識される
のではなく、初めて見る単語は時間を
かけて発音し音とその単語を対にする
という作業が必要があるとのこと。

 しかし何度か目にした後は音韻は必要
なくなり、視覚のみで認識することが
できるようになるという。

 なお、失読症の場合はこの「視覚辞書」
の形成が妨げられている可能性があり、
この形成を手助けする新たな方法を模索
することで言葉の認識力を向上できるかも
しれないとのことだ。

 英語は表音文字主体の言語だが、
表意文字主体の日本語や中国語では言葉の
認識はどのように違うものだろうか。
---------------------------------------

この話題も面白いですね。

速読に通じるものがありそうです。
速読も見ただけで意味を理解できる。

速読の科学的研究もして貰いたい。
役に立つ成果が得られると思う。

|

« スーパーつるつるな表面加工、ハーバード大が開発 | トップページ | 部活リケジョ、「化学」大発見、米誌に掲載へ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53288638

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の達人は脳の「視覚辞書」で言葉を認識:

« スーパーつるつるな表面加工、ハーバード大が開発 | トップページ | 部活リケジョ、「化学」大発見、米誌に掲載へ »