« 軸索障害による視神経細胞死におけるカルパイン阻害剤の神経保護効果 | トップページ | 「小さなRNA破壊の仕組みを解明 ―深まるRNA生物学―」 »

2011年11月10日 (木)

ES細胞:「下垂体」作成に成功 理研と名古屋大

ES細胞:「下垂体」作成に成功
理研と名古屋大

2011年11月10日 毎日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 生命維持に必要なホルモンを作り出す
組織「下垂体」を、さまざまな細胞に分化
するマウスの胚性幹細胞(ES細胞)を
使って作成することに、理化学研究所発生・
再生科学総合研究センター(神戸市)と
名古屋大の研究チームが成功した。

 作成した下垂体をマウスに移植し、正常
に機能することも確認した。

 ES細胞から形成過程が複雑な
内分泌器官を作ることに成功したのは
世界で初めて。

 9日付の英科学誌「ネイチャー」電子版
で発表した。

 血圧の低下や意識障害などを引き起こす
下垂体機能低下症は国内で少なくとも
7000人の患者がいるが、ホルモンを
補充する対症療法しかなく、今後の研究の
進展が期待される。

 同研究センターの笹井芳樹グループ
ディレクターらがマウスのES細胞を
培養。約2週間で原形になる組織が形成
された。更に培養液に手を加えると、一部
の細胞が、下垂体から出る副腎皮質刺激
ホルモン(ACTH)を産出する細胞に
変化。

 作成した組織にACTHの分泌を促す
ホルモンをかけると、その分泌量は大量
になり、副腎皮質ホルモンが過剰な状態
ではACTHの分泌量が自動的に減少。

 生体内と同様に分泌量の調節ができる
ことが確認された。

 下垂体を除去したマウス14匹に今回
作成した下垂体を移植すると、血中の
ACTH濃度が上昇し、全て9週間以上
生存した。【須田桃子】

 ◇ことば・下垂体
 大脳のすぐ下の視床下部にぶらさがる
ようにあり、ヒトでは直径約1センチ。
 生命維持に必要な副腎皮質刺激ホルモン
や子供の身長を伸ばすのに必要な
成長ホルモンなど、重要なホルモンを
分泌する。
---------------------------------------

>ES細胞から形成過程が複雑な
>内分泌器官を作ることに成功したのは
>世界で初めて。
だそうです。

ES細胞の研究も平行して進んでいます。

詳細は、下記リンクをどうぞ
ES細胞から機能的な下垂体の3次元器官
形成に世界で初めて成功

平成23年11月10日
理化学研究所 プレスリリース

こういう記事も出ています。
ES細胞で初の治療へ 肝臓病の0歳児
国立成育医療研

2011年11月8日 朝日新聞

|

« 軸索障害による視神経細胞死におけるカルパイン阻害剤の神経保護効果 | トップページ | 「小さなRNA破壊の仕組みを解明 ―深まるRNA生物学―」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53209918

この記事へのトラックバック一覧です: ES細胞:「下垂体」作成に成功 理研と名古屋大:

« 軸索障害による視神経細胞死におけるカルパイン阻害剤の神経保護効果 | トップページ | 「小さなRNA破壊の仕組みを解明 ―深まるRNA生物学―」 »