« プロテクト乳酸菌 | トップページ | 近距離で未確認のニュートリノ振動、兆候発見 »

2011年11月13日 (日)

ミュー粒子の崩壊から素粒子の大統一理論を探る

ミュー粒子の崩壊から素粒子の大統一理論
を探る

- 標準理論では起こりえない未知の現象を
世界最高感度で探索 ?
2011/9/27 東京大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
発表概要

 東京大学を中心とする国際研究グループ
は、世界最高強度のミュー粒子(注1)
ビームと新たに開発した優れた素粒子測定器
を用いて、標準理論(注2)を超える
大統一理論(注3)などの新しい物理が予言
する未知のミュー粒子崩壊を世界最高感度
で探索することに成功した。

 この探索感度をもってしても崩壊現象の
発見には至らず、この結果により標準理論
を超える新理論に対してこれまでにない
厳しい制限を加えることになった。

 実験は継続中であり、更に感度を上げて
探索を続けていく。
---------------------------------------

科学者にとっては大いに興味のあること
でしょうね。

進展には時間がかかりそうです。

新しい大統一理論が証明されると
すごいことですが、

|

« プロテクト乳酸菌 | トップページ | 近距離で未確認のニュートリノ振動、兆候発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53232689

この記事へのトラックバック一覧です: ミュー粒子の崩壊から素粒子の大統一理論を探る:

« プロテクト乳酸菌 | トップページ | 近距離で未確認のニュートリノ振動、兆候発見 »