« アルツハイマー病 診断方法が大きく前進 | トップページ | 運送業界のIT風雲児 自前システムで売上高6倍~トワード »

2011年11月17日 (木)

東京大学とHSP105抗原ペプチドを用いた樹状細胞ワクチンの臨床試験を開始

東京大学とHSP105抗原ペプチドを用いた
樹状細胞ワクチンの臨床試験を開始

2011年11月15日 共同通信PRワイヤー

詳細は、リンクを参照して下さい。
お知らせです。
こんなことが行われるようです。

---------------------------------------
 株式会社メディネット
(以下、「メディネット」)は、東京大学
医学部附属病院(東京都文京区、以下、
「東大病院」)と共同で、再発・進行がん
の患者様を対象として、
HSP105 抗原ペプチド を用いた樹状細胞
(DC)ワクチン の臨床試験
(2011年10月3日 東大病院臨床試験審査
委員会にて承認)を開始しましたので
お知らせします。

 本臨床試験は、東大病院肝・胆・
膵外科・人工臓器移植外科 國土 典宏教授
を研究責任医師とし、HSP105が高発現して
いる膵がんや他の消化器系がんなどで、
標準的な治療が受けられない、あるいは、
標準的な治療に対して効果が得られなかった
再発・進行がんの患者様を対象に、
HSP105抗原ペプチドを用いた樹状細胞
ワクチン治療を実施し、安全性を評価
いたします。

 また、副次的に臨床的有用性や
HSP105に対する特異的なCTL 誘導などの
免疫学的反応性の評価を行います。
---------------------------------------

がんに対するワクチン療法、
いろいろあるんですね。

|

« アルツハイマー病 診断方法が大きく前進 | トップページ | 運送業界のIT風雲児 自前システムで売上高6倍~トワード »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53266846

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大学とHSP105抗原ペプチドを用いた樹状細胞ワクチンの臨床試験を開始:

« アルツハイマー病 診断方法が大きく前進 | トップページ | 運送業界のIT風雲児 自前システムで売上高6倍~トワード »