« 新エネルギー・産業技術総合開発機構、医療用ウイルスベクター、がん治療用ペプチドの製造法開発を助成 | トップページ | 債券は大幅安、長期金利1カ月ぶり高水準-国債格下げ示唆の影響残る »

2011年11月25日 (金)

Genzyme社、MS治療薬アレムツズマブの良好なIII相結果を発表

Genzyme社、MS治療薬アレムツズマブの
良好なIII相結果を発表

2011年11月17日 日経バイオテクonline

詳細は、リンクを参照して下さい。
残念ながら会員にならないと見えません。

---------------------------------------
 フランスSanofi社の子会社Genzyme社は
2011年11月14日、治療中に再発した
再発寛解型多発性硬化症(RRMS)患者を
対象として行ったアレムツズマブ
(「LEMTRADA」) のフェーズIII臨床試験
で、2つの主要な評価指標がクリアされたと
発表した。

 同臨床試験は、アレムツズマブと、既に
承認済みの多発性硬化症(MS)治療薬
「Rebif」(皮下注、インターフェロン
β1a)を比較するものである。

 それによると、アレムツズマブ投与は、
再発と、持続的な身体障害蓄積のリスクを
大幅に減少させた。

 2つの主要な評価指標は統計的に有意
であった。
---------------------------------------

関連情報としてかなり古いのですが、

2008-12-07の
東北大学大学院医学系研究科
多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

に情報があったようですが、

今日本ではどうなっているのでしょう?
安全性に難点があるようですが、

海外では治験が進んでいるようです。

|

« 新エネルギー・産業技術総合開発機構、医療用ウイルスベクター、がん治療用ペプチドの製造法開発を助成 | トップページ | 債券は大幅安、長期金利1カ月ぶり高水準-国債格下げ示唆の影響残る »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53330945

この記事へのトラックバック一覧です: Genzyme社、MS治療薬アレムツズマブの良好なIII相結果を発表:

« 新エネルギー・産業技術総合開発機構、医療用ウイルスベクター、がん治療用ペプチドの製造法開発を助成 | トップページ | 債券は大幅安、長期金利1カ月ぶり高水準-国債格下げ示唆の影響残る »