« 日本発の基礎研究が結実 肺がん治療に奇跡は起こるか ALK阻害剤─分子標的薬 | トップページ | 木材の力、熱源に 暖房・給湯を「地産地消」 »

2011年10月27日 (木)

膵臓がん:微小カプセルで狙い撃ち 東大など、増殖抑制成功

膵臓がん:微小カプセルで狙い撃ち
東大など、増殖抑制成功

毎日新聞 2011年10月24日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 高分子製の微小カプセルに抗がん剤を
入れ、ヒトの膵臓(すいぞう)がんを移植
したマウスに注射、狙い通りがん細胞に
届き、がん増殖を抑えることに、東京大
などのチームが成功した。

 昨年から臨床試験を始めた。
 膵臓がんは非常に治療が難しく、副作用
の少ない薬になる可能性がある。

 23日付の英科学誌
ネイチャー・ナノテクノロジーに発表した。

 がん細胞の血管は物質が通り抜ける穴が
正常細胞より大きいため、適度な大きさの
カプセルを使えば、がん細胞にだけ届く。

 しかし、膵臓がんの穴は他のがん細胞
より小さいことなどから、従来のカプセル
では通り抜けられなかった。

 チームは、直径30~100ナノメートル
(ナノは10億分の1)の抗がん剤を包む
カプセルを作製。
 ヒトの膵臓がんを皮下に移植したマウス
に注射すると、50ナノメートルより
小さなカプセルはがんの内部に入り込み、
がん増殖を抑えた。

 片岡一則・東大教授(高分子化学)は
「スキルス胃がんなど他の難治性のがん
への応用も検討したい」と話す。【永山悦子】
---------------------------------------

良いですね。期待できそうです。

カプセル中に抗がん剤を入れて治療に
応用する技術はいろいろな所で研究
されてますが、

以前投稿したこの記事の実際の応用が
始まったということのようです。

抗がん剤の最大の欠点カプセルで克服
…東大開発

2011年1月 6日

|

« 日本発の基礎研究が結実 肺がん治療に奇跡は起こるか ALK阻害剤─分子標的薬 | トップページ | 木材の力、熱源に 暖房・給湯を「地産地消」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53094578

この記事へのトラックバック一覧です: 膵臓がん:微小カプセルで狙い撃ち 東大など、増殖抑制成功:

« 日本発の基礎研究が結実 肺がん治療に奇跡は起こるか ALK阻害剤─分子標的薬 | トップページ | 木材の力、熱源に 暖房・給湯を「地産地消」 »