« EV100台を5分で“満タン”に | トップページ | iPS細胞、遺伝病治療にも有効か 英などの研究チーム »

2011年10月14日 (金)

ポリオ生ワクチン接種18%減、不活化を待つ?

ポリオ生ワクチン接種18%減、
不活化を待つ?

2011年10月14日13時20分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国内で定期予防接種に使われるポリオ
(急性灰白髄炎)の生ワクチンを今春に
接種した子どもが、昨春より18%減った
ことが厚生労働省の調査で分かった。

 同省は、生ワクチンより安全性が高い
とされ、来年度中の承認を目指す
「不活化ワクチン」を待つ動きが広がって
いるとみている。

 14日に開かれた不活化ワクチンに
関する同省の検討会で示された。

 全市区町村の92%にあたる
1607市区町村が回答。

 地域別では関東(22%)、
東北(20%)の落ち込みが目立った。

 東日本大震災の影響もあったと
みられる。

 接種者数や接種率そのものは公表
しなかった。一方、海外から取り寄せた
不活化ワクチンを接種したのは、
昨年4月以降で計1万7000人。
---------------------------------------

当たり前の話です。
関東は東日本大震災の影響はほとんど
なかったはず。

関連記事です。
ポリオ 来年度不活化ワクチンへ
移行を前に接種控え

2011年7月8日 東京新聞

ワクチン後進国日本ですから、
こうなって当たり前。

|

« EV100台を5分で“満タン”に | トップページ | iPS細胞、遺伝病治療にも有効か 英などの研究チーム »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52988933

この記事へのトラックバック一覧です: ポリオ生ワクチン接種18%減、不活化を待つ?:

« EV100台を5分で“満タン”に | トップページ | iPS細胞、遺伝病治療にも有効か 英などの研究チーム »