« 標識物質なしに細胞を分析・採取する新技術を開発 | トップページ | 原発事故時、ヨウ素剤服用の助言900人に届かず »

2011年10月26日 (水)

「藻」からバイオ燃料 加速する研究開発

「藻」からバイオ燃料
加速する研究開発

2011.10.26配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 新たなバイオ燃料の原料として最も期待
されているのが「藻」の仲間です。

 その研究開発にはグローバル企業も参入
し、新たな品種の開発や、特許取得に
しのぎを削っています。

 そして、今年7月、これまでの
1000倍の増殖力を持つという新たな
品種が登場し、世界の注目を集めました。

 この藻を保持し、量産体制に移行
させようとしている、神戸大学教授の
榎本さんや、バイオビジネスを手がける
ベンチャー企業、ネオ・モルガン社を
取材しました。
---------------------------------------

競争激しそうです。
頑張ってください。

アメリカのように投資してくれるところ
があれば良いのですが、
あるいは、政府が後押しすべきだと
思います。
ベンチャー企業がどんどん育っていく
環境を整えないと企業は増えない。
日本は成長出来ない。


以前取り上げたこの記事のことですね。

藻類バイオ燃料の研究開発合同会社の設立
~燃料生産能力が最も高い藻の開発に
成功、実用化を目指す~

2011年7月 8日

こちらの方はどうなっているのかな?
テレビでやっている夢の扉で取り上げ
られていましたが、

日本を産油国にする「藻」
2011年3月 4日

|

« 標識物質なしに細胞を分析・採取する新技術を開発 | トップページ | 原発事故時、ヨウ素剤服用の助言900人に届かず »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53089132

この記事へのトラックバック一覧です: 「藻」からバイオ燃料 加速する研究開発:

« 標識物質なしに細胞を分析・採取する新技術を開発 | トップページ | 原発事故時、ヨウ素剤服用の助言900人に届かず »