« シリーズ最先端研究室訪問 慶応義塾大学理工学部 小池康博研究室 | トップページ | 〈ひと〉投資信託会社を作った労組幹部 »

2011年10月 7日 (金)

結晶シリコン太陽電池用の銅ペーストを開発

結晶シリコン太陽電池用の銅ペーストを
開発

2011年10月4日 産総研

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 独立行政法人 産業技術総合研究所
【理事長 野間口 有】(以下「産総研」
という)フレキシブルエレクトロニクス
研究センター【研究センター長 鎌田 俊英】
印刷エレクトロニクスデバイスチーム
徳久 英雄 主任研究員、吉田 学 主任研究員
らは、有限会社 ナプラ【代表取締役 
関根 順子】(以下「ナプラ」という)
関根 重信が開発した、低温プロセス用
銅ペーストを利用して、低損傷印刷製造技術
による結晶シリコン太陽電池の配線・電極の
形成に成功した

 ナプラは、この銅ペーストを、ナプラが
開発した偏析しない均一組成の
ナノコンポジット構造粒子作製法によって
作った低融点合金粒子と銅粉末を混合して
作製した。

 このペーストは低温焼結が可能である。
 産総研は、スクリーン印刷低温焼結法
を適用して、高生産性低損傷印刷製造技術
への対応を実現した。

 これらの技術により、低温低熱損傷加工
(<200 ℃)、低抵抗(3x10-5 Ω・cm)、
低接触抵抗(5.3x10-4 Ω・cm2)、
高剥離強度、高安定性(耐酸化安定性)を
同時に満たす、結晶シリコン太陽電池セル
用電極・配線の低コスト印刷製造が可能
となり、太陽電池のさらなる低コスト生産
に道を拓くこととなった。

 また、合金ペーストの組成制御により、
これらの技術をフレキシブルディスプレイ
やセンサーなどの多様なセル構造の
配線電極形成に適用することも可能である。

 この技術の詳細は、2011年10月13、14日
に茨城県つくば市で開催される産総研
オープンラボ2011で紹介する予定である。
---------------------------------------

良さそうです。

太陽電池のさらなる低コスト化に貢献
できると良いですね。

ただ、シリコンそのものが高いので
圧倒的な低価格というわけにはいかないと
思います。

有機薄膜太陽電池とか、色素増感型太陽電池
とか低価格で出来そうなものがあるよう
ですが、まだ、発電効率が悪いようです。
もう一歩です。

|

« シリーズ最先端研究室訪問 慶応義塾大学理工学部 小池康博研究室 | トップページ | 〈ひと〉投資信託会社を作った労組幹部 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52930487

この記事へのトラックバック一覧です: 結晶シリコン太陽電池用の銅ペーストを開発:

« シリーズ最先端研究室訪問 慶応義塾大学理工学部 小池康博研究室 | トップページ | 〈ひと〉投資信託会社を作った労組幹部 »