« 脳脊髄液プロテオミクスパターン解析手法を用い多発性硬化症関連疾患の鑑別が可能になった | トップページ | 迫る津波を前に命がけで水門を閉めた消防団員たち 253人の犠牲者を生んだ重すぎる「社会構造の矛盾」 »

2011年10月23日 (日)

防衛省技術研究本部が開発した球形飛行体

防衛省技術研究本部が開発した球形飛行体
21 OCTOBER 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。見るのが早いです。

---------------------------------------
 デジタルコンテンツEXPO2011で、防衛省
技術研究本部が世界で初めて開発した、
球形飛行体のデモ飛行が公開されました。

 ヘリコプターのように、安定した
ホバリング、垂直離着陸が可能で、原理
としてはプロペラ飛行機を垂直に立てた
状態であるため、ヘリコプターでは
できない、翼を使った高速飛行が可能
です。

 また、3つのジャイロセンサを搭載する
ことで、障害物に当たっても自動制御
により姿勢を保持して飛び続ける事が
できます。

 球体飛行体は重さ350グラム、
直径42センチと軽いため、地面や障害物に
接触しても壊れにくく、離発着の際、場所
を選ばないため、従来は難しかった場所に
入り込んで、災害救助や情報収集への活用
が期待できます。
---------------------------------------

なかなか面白いです。
ありそうで、なかったものですね。

|

« 脳脊髄液プロテオミクスパターン解析手法を用い多発性硬化症関連疾患の鑑別が可能になった | トップページ | 迫る津波を前に命がけで水門を閉めた消防団員たち 253人の犠牲者を生んだ重すぎる「社会構造の矛盾」 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/53063503

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省技術研究本部が開発した球形飛行体:

« 脳脊髄液プロテオミクスパターン解析手法を用い多発性硬化症関連疾患の鑑別が可能になった | トップページ | 迫る津波を前に命がけで水門を閉めた消防団員たち 253人の犠牲者を生んだ重すぎる「社会構造の矛盾」 »