« サイバー攻撃を防げ!サイバー攻撃の観測・分析システム nicter | トップページ | 魚よく食べる男性は糖尿病リスクが低い インスリン抵抗性の改善にも期待 »

2011年10月17日 (月)

プロメテウスの罠 測定 まず僕が行く

プロメテウスの罠 測定 まず僕が行く
2011年10月17日朝日新聞

今日の朝日新聞に載っていましたので、
再度投稿します。

---------------------------------------
■研究者の辞表(1)

 家に戻ると、妻がいった。
 「原発が爆発した」。

 瞬間、木村は反応していた。

 スーツに着替え、長男に「お父さん、
しばらく帰ってこないから」と告げた。

 研究所に戻って現地入りの準備をした。

 住民を放射線から守るにはまず測定
しなくてはならない。

 それには速さが求められる。
 時間がたてばたつほど測定不能となる
放射性物質が増える。

急ぐ必要があった。

 準備を急ぎながら、木村は最も信頼する
4人の研究者にメールを出した。

 京大の今中哲二、小出裕章、長崎大の
高辻俊宏、広島大の遠藤暁。

 「檄文(げきぶん)を出したんです」と
木村は振り返る。

 携帯に研究所からの一斉メールが入った。

 研究所は厚生労働省所管の独立行政法人。

 文面にはこうあった。

 〈放射線等の測定などできることも
いくつかあるでしょうが、本省並びに
研究所の指示に従ってください。

 くれぐれも勝手な行動はしないよう
お願いします〉

 研究所に放射線の専門家は自分しか
いない。
 これは自分に向けて出されたメールだ。
 木村はそう思った。
 自分の現地入りをとめるつもりだ、と
理解した。(依光隆明)

 第2シリーズ「研究者の辞表」は、
情報は誰のものかを考えます。
 約20回の予定です。
 敬称は略します。
---------------------------------------

以前にもとりあげましたが、情けない
話です。

国民を守るべき立場の人たちがその
行動をとらない。

とらないどころか阻止するとは!

後になって測定しても遅い。
推定するしかないことにする。
推定は幾らでもごまかせる。

辞表を出さないと正しい行動ができない。
皆さんどう思いますか?

木村真三さん、尊敬します。

以前の投稿です。
福島の「放射能汚染」を調べ続ける
科学者・木村真三氏が本誌に登場
「この驚くべき調査結果を見よ!」
国は民を見捨てるのか

|

« サイバー攻撃を防げ!サイバー攻撃の観測・分析システム nicter | トップページ | 魚よく食べる男性は糖尿病リスクが低い インスリン抵抗性の改善にも期待 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロメテウスの罠 測定 まず僕が行く:

« サイバー攻撃を防げ!サイバー攻撃の観測・分析システム nicter | トップページ | 魚よく食べる男性は糖尿病リスクが低い インスリン抵抗性の改善にも期待 »