« 氷だけで昼間の冷房 普及進むヒートポンプ蓄熱システム | トップページ | 震災10分後にM9算出 長野の観測室、警報に使われず »

2011年9月10日 (土)

JAXA:金星探査機「あかつき」 推進力予測より低く

JAXA:金星探査機「あかつき」
推進力予測より低く

毎日新聞 2011年9月9日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は
9日、15年に予定する金星周回軌道への
再投入へ向けて7日に実施した探査機
「あかつき」の軌道制御エンジンの
試験噴射で、計測された推進力が
予測の10分の1程度にとどまり不調に
終わったと発表した。

 順調なら14日に再度噴射して
周回軌道面を微修正し、再投入へ向けた
態勢を整えるはずだった。

 JAXAは14日に再度噴射して
推進能力を確かめる。

 JAXAによると、あかつきは7日、
同エンジンを2秒間噴射し、現在の軌道
から、目的の軌道に移動できるだけの
推進力があるかどうかの実験を実施。

 しかし必要な推進力の約1割に
とどまった。
 14日の再噴射でも推進力が
足りなければ、同エンジンを使って
金星軌道へ再投入することができない
ため、別の「姿勢制御エンジン」を
使って再投入を試みる方針だ。

 しかしこのエンジンは推進力が小さい
ため、本来の目的だった、金星を間近で
観測できる軌道への投入は難しいという。
---------------------------------------

やはり難しそうですね。

残念です。

|

« 氷だけで昼間の冷房 普及進むヒートポンプ蓄熱システム | トップページ | 震災10分後にM9算出 長野の観測室、警報に使われず »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52693566

この記事へのトラックバック一覧です: JAXA:金星探査機「あかつき」 推進力予測より低く:

« 氷だけで昼間の冷房 普及進むヒートポンプ蓄熱システム | トップページ | 震災10分後にM9算出 長野の観測室、警報に使われず »