« 銅や亜鉛製造の電力、3割削減 同志社大が技術開発 | トップページ | 10年間解けなかったタンパク質解析問題、ゲーム化により3週間で解かれる »

2011年9月23日 (金)

微小磁石を用いて2スピン量子ビット演算素子の開発に成功

微小磁石を用いて2スピン量子ビット
演算素子の開発に成功

(電子スピンを使った量子もつれ制御に
新展開)
平成23年9月22日
科学技術振興機構(JST)
東京大学 大学院工学系研究科
日本電信電話株式会社

詳細は、リンクを参照して下さい。

>今回の成果により、電子スピンを用いた
>量子計算機の論理演算の実現性を初めて
>示すことができました。
ということなので、

量子計算機の実現にかなり近づいたと
いうことのようです。

こちらの技術がベースなんでょうか?
基礎研究的ですね。
世界で初めて単一電子を周囲の電子から
孤立させて移送・検出する技術を開発

平成23年9月22日
東京大学 大学院工学系研究科
科学技術振興機構(JST)

|

« 銅や亜鉛製造の電力、3割削減 同志社大が技術開発 | トップページ | 10年間解けなかったタンパク質解析問題、ゲーム化により3週間で解かれる »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52809224

この記事へのトラックバック一覧です: 微小磁石を用いて2スピン量子ビット演算素子の開発に成功:

« 銅や亜鉛製造の電力、3割削減 同志社大が技術開発 | トップページ | 10年間解けなかったタンパク質解析問題、ゲーム化により3週間で解かれる »