« 虫歯菌が脳出血を助長 発生リスク4~5倍 阪大教授ら発表 | トップページ | WiMAX&デュアルコアCPU搭載防水スマートフォン「ARROWS Z ISW11F」発表 »

2011年9月29日 (木)

電気刺激で脳機能強化

電気刺激で脳機能強化
2011年09月26日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 4 月に/.J の記事で、頭皮に 2 mA の
電流を流してゲームをプレイしたら 2 倍の
能力改善が見られたという話題があったが、

今回はヒトではなくネズミの話題。

 脳の特定部に電気刺激をあたえられた
ネズミの空間的な学習能力が向上したこと
から、人間の記憶障害を治療するのにも
電気刺激を利用できるのではないかとの
こと
(gizmag の記事、本家 /. 記事より) 。

 DBS (深部脳刺激療法) は、
パーキンソン病などの不随意運動症の治療
に効果があることが証明されているが、
Paul Frankland 博士の最近の研究に
よれば、記憶障害の治療にも効果的である
可能性があるという。

 博士率いる研究チームは、ネズミの
嗅内皮質に電気刺激を 1 時間与え続けた
ところ、海馬の中で作られる新しい細胞が
通常の 2 倍にも増えた事が確認された。

 爆発的な細胞を生み出す効果は一週間
しか持続しなかったものの、増えた細胞は
通常通り発達し近隣の脳細胞と結合した
のだそうだ。

 六週間後、水を張った小さなプールに
ネズミを入れて陸まで泳ぐ様子を観察した
ところ、DBS を受けたネズミの方が
そうでないネズミに比べて陸の近くで
泳いでいる時間が長く、空間学習が向上
したことが分かったとのこと。
---------------------------------------

ふ~ん。いろいろあります。
研究の余地ありですね。

>爆発的な細胞を生み出す効果は一週間
>しか持続しなかった
というのは残念ですが、
無限に増えたら、それも困るかも、

|

« 虫歯菌が脳出血を助長 発生リスク4~5倍 阪大教授ら発表 | トップページ | WiMAX&デュアルコアCPU搭載防水スマートフォン「ARROWS Z ISW11F」発表 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52864820

この記事へのトラックバック一覧です: 電気刺激で脳機能強化:

« 虫歯菌が脳出血を助長 発生リスク4~5倍 阪大教授ら発表 | トップページ | WiMAX&デュアルコアCPU搭載防水スマートフォン「ARROWS Z ISW11F」発表 »