« 村田製作所、神戸大と電子部品の故障箇所を特定可能な非破壊検査装置を開発 | トップページ | CERN、ニュートリノの超光速での移動を計測 »

2011年9月27日 (火)

新たな生体内酸素センサー機構の発見

新たな生体内酸素センサー機構の発見
2011年8月29日 京都大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 我々ヒトを含める好気性生物の生存に
おいて、「酸素(O2:分子状酸素)」は
必要不可欠な物質である。

 しかし、同じ体内に取り込まれたO2は
一部が過酸化水素や超酸化物イオンなどの
活性酸素種に変化し、時として生物に対し
「酸素毒性」を示す。

 高濃度のO2の吸引はヒトを呼吸器疾患、
未熟児網膜症など、最悪の場合には死に
至らしめうるのである。

 このようなO2が示す両義性に対応する
ために好気性生物は、体内に取り入れ可能
なO2の分圧を感知し、組織へのO2供給を
厳密に制御する仕組みを備えている。

 今回我々は、イオンチャネルタンパク質
TRPA1が「O2センサー」としてこの両義性に
対応するために機能することを
突き止めた。
---------------------------------------

興味深い発見のようですが、記載が
あまりに難解なので、良く理解できません。
多分専門家でないと理解できないでしょう。

記述があまりに簡潔に過ぎるので理解不能。
少なくとも素人には、

>体内に取り入れ可能なO2の分圧を感知
>し、組織へのO2供給を厳密に制御する
>仕組みを備えている。
必要があることはわかるが、
上記の説明では理解不能。

関連リンクをひとつ
hypoxia research::blog
これを見ても良くわかりません。
要はかなり複雑な系が存在するという
ことのようです。
TRPA1タンパク質はO2センサーではなく
エフェクターの一つだと言ってますね。

まあ、これから詳細が解明されていくので
しょう。

人体の働きの詳細は謎だらけという
ことです。

|

« 村田製作所、神戸大と電子部品の故障箇所を特定可能な非破壊検査装置を開発 | トップページ | CERN、ニュートリノの超光速での移動を計測 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52844694

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな生体内酸素センサー機構の発見 :

« 村田製作所、神戸大と電子部品の故障箇所を特定可能な非破壊検査装置を開発 | トップページ | CERN、ニュートリノの超光速での移動を計測 »