« “元気・やる気”がリハビリテーションによる運動機能回復と関連することを脳科学的に証明 | トップページ | 肝細胞の肝機能、培養で維持 名大グループ、病気研究に応用期待 »

2011年9月30日 (金)

免疫活性化促すたんぱく質、愛工大教授ら特定

免疫活性化促すたんぱく質、愛工大教授ら
特定

2011年9月29日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 人など哺乳動物の体内にあるたんぱく質
「STING(スティング)」が、細菌が
持つ超微量の化合物「c―di―GMP」
と結合することで、高い免疫機能を発揮
するようになることを、愛知工業大学
(愛知県豊田市)の早川芳宏教授
(核酸有機化学)らの研究グループが発見
した。

 結合のメカニズムを詳しく解明できれば、
免疫活性化を促し、がんやエイズ、
インフルエンザなどにも効く治療薬や
予防薬の開発につながる可能性がある
という。

 研究成果は、英科学誌
「ネイチャー(電子版)」に掲載された。

 c―di―GMPは、細菌の抗・殺菌剤
などへの耐性化を進めたり阻害したりする
働きがあり、感染力の強弱を左右する。

 微量で壊れやすいが、早川教授が
2004年に大量合成法を開発。

 国内外の生物学者らに多量のサンプルを
提供し、共同研究を進めてきた。

 これまでに、薬が効きにくい薬剤耐性菌
に感染したマウスにc―di―GMPを
投与し、未投与のマウスと予後を比較する
実験などを実施。

 毒性の強いメチシリン耐性
黄色ブドウ球菌(MRSA)を用いた
ケースでは、未投与のマウスの7日以内の
生存率が33%だったのに対し、投与した
マウスは88%となるなど、免疫活性化
によって細菌やウイルスへの抵抗力が
飛躍的に高まることを確認した。

 細胞レベルの実験では、
人の大腸がん細胞の増殖を抑える作用も
確認できているという。

 免疫機能に関わるたんぱく質は、適合
する化合物と結合することで初めて機能
する。

 このため、新薬開発などには、
c―di―GMPと相互適合する
たんぱく質を特定する必要があった。

 MRSAを使った実験の段階では不明
だったが、米・カリフォルニア大学
バークレー校のラッセル・バンス博士との
共同研究で、STINGだけが
c―di―GMPを取り込むことが
分かった。
---------------------------------------

「STING(スティング)」って体内の
どこにある蛋白なんでしょう?

c―di―GMPと結合することで、免疫に
関わる何が活性化するのでしょうか?

もう少し詳しく公開してくれると良いの
ですが、

c―di―GMPは不安定で薬としては
適さないということなんですね?

がんやエイズ、インフルエンザなどにも
効く治療薬や予防薬の開発につながる
と良いですね。

|

« “元気・やる気”がリハビリテーションによる運動機能回復と関連することを脳科学的に証明 | トップページ | 肝細胞の肝機能、培養で維持 名大グループ、病気研究に応用期待 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52871446

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫活性化促すたんぱく質、愛工大教授ら特定:

« “元気・やる気”がリハビリテーションによる運動機能回復と関連することを脳科学的に証明 | トップページ | 肝細胞の肝機能、培養で維持 名大グループ、病気研究に応用期待 »