« 世界最高速! 次世代スパコン「京」とその活用 | トップページ | こうじ菌のビタミン生成解明=細胞内小器官が関与―東大など »

2011年9月 1日 (木)

検査で子ども150人が過剰被曝 甲府の病院

検査で子ども150人が過剰被曝
甲府の病院

2011年9月1日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 甲府市立甲府病院(小沢克良〈かつら〉
院長)の放射性物質(放射性同位元素)を
使った検査で、日本核医学会などが勧告
する基準を超える同位元素が投与され、
子ども約150人が過剰に内部被曝
(ひばく)していたことがわかった。
 同病院は1日、会見を開き、調査結果
を公表する予定。

 複数の関係者によると、原因は
放射性物質「テクネチウム」を使った
検査。
 これが入った検査薬を患者に静脈注射
する。

 同病院で1999年から今年までに
この検査を受けた15歳以下の子どもに
同医学会や日本放射線技師会など複数の
推奨基準を超える量のテクネチウムが投与
された。
 うち40人が10倍以上だった。

 過剰投与された子どもたちの全身の
内部被曝線量を算出すると生涯の推計で
平均約30ミリシーベルト。
 多い子で150ミリシーベルト以上
だった。

 患者に何らかの利益がある医療被曝と
何の利益もない原発事故の被曝は単純に
比較できないが、福島県による
東京電力福島第一原発周辺の住民の検査
では、これまで全員が生涯の内部被曝線量
(推計)が1ミリシーベルト未満だった。

 全身の被曝線量が100ミリシーベルト
を超えると成人でもがんのリスクが高まる
恐れがある。
 子どもは放射線の健康影響を3倍以上
受けやすい。
 ただし、今回は間隔をあけて複数回の
検査を受けた子も含まれることなどから、
検査直後に健康被害が出る被曝線量では
ないとみられている。
---------------------------------------

多分甲府病院だけではないと思う。

簡単に「健康被害が出る被曝線量ではない」
と言って欲しくない。

150ミリシーベルト以上の被曝ですよ。
しかも子供。

「医療での被曝は検査、治療などで得られる
利益が、被曝により不利益を上回る場合に
のみ許容される。」もの、

今回のケースはどうなのでしょうか?

具体的に基準を作成して法律にしないと
いけないのではないかと思います。

責任が曖昧。
こんな状態で良いとは思えません。

こういう提言が6年も前に出ています。
参考まで、
放射線治療における医療事故防止
のための安全管理体制の確立に向けて
(提言)

6年も前ですよ!
具体的に何か進んでいるのでしょうか?
不思議でならない。

被害を受けるのは弱者である患者です。
後からその被害を証明することは
事実上不可能です。
だからこそ、しっかりした管理体制が
必須なはず。。

|

« 世界最高速! 次世代スパコン「京」とその活用 | トップページ | こうじ菌のビタミン生成解明=細胞内小器官が関与―東大など »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52620122

この記事へのトラックバック一覧です: 検査で子ども150人が過剰被曝 甲府の病院:

« 世界最高速! 次世代スパコン「京」とその活用 | トップページ | こうじ菌のビタミン生成解明=細胞内小器官が関与―東大など »