« 病気・ウィルスに強い身体を作るキーワード「NK 活性」と「R-1乳酸菌」~その働きと効果とは | トップページ | 細胞の自食現象(オートファジー)を高感度で定量的に検出するイメージング技術を開発 »

2011年9月 3日 (土)

本当は難しい、間引き点灯による節電

本当は難しい、間引き点灯による節電
2011年08月25日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 電力が供給されている蛍光灯器具の
ランプを外したり、複数のランプを使用
する蛍光灯器具の一部のランプを外して
節電している光景を見たり、実践している
方もいると思います。

 しかし東芝ライテックのQ&Aや
パナソニック電工のQ&Aによると、
これらの節電方法は蛍光灯器具の形式
によっては通常使用よりも多い電流が
流れ危険であったり、力率が悪化したり
するそうです。

 蛍光灯器具の間引き点灯を行うときは、
製品ごとの注意事項を確認する必要が
ありそうです。
---------------------------------------

そうらしいです。

単純についていた蛍光灯を抜いて使用
しても、省エネにはならないという話。
前にも聞きました。

気をつけましょう。

|

« 病気・ウィルスに強い身体を作るキーワード「NK 活性」と「R-1乳酸菌」~その働きと効果とは | トップページ | 細胞の自食現象(オートファジー)を高感度で定量的に検出するイメージング技術を開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52636859

この記事へのトラックバック一覧です: 本当は難しい、間引き点灯による節電:

« 病気・ウィルスに強い身体を作るキーワード「NK 活性」と「R-1乳酸菌」~その働きと効果とは | トップページ | 細胞の自食現象(オートファジー)を高感度で定量的に検出するイメージング技術を開発 »