« ブラックホールの位置、初の特定 総合研究大学院大など | トップページ | 氷だけで昼間の冷房 普及進むヒートポンプ蓄熱システム »

2011年9月 9日 (金)

放射能汚染土、水洗いで除染に効果 東北大が開発

放射能汚染土、水洗いで除染に効果
東北大が開発

2011年9月6日 朝日新聞


詳細は、リンクを参照して下さい。


---------------------------------------
 校庭などで放射能を除染するために
はぎ取った表面の汚染土から、放射性物質
を効率よく取り除く手法を東北大の
石井慶造教授(放射線工学)らが開発し、
実証実験を宮城・福島両県で進めている。

 水洗いして粒子の細かい粘土だけを抽出
する。
 放射性セシウムが粘土に付着しやすい
性質を利用した。

 6日の原子力委員会で明らかにした。

 粘土を取り除いた後の汚染土は放射線量
が大幅に減って再利用が可能になるほか、
廃棄物も減らせる。
 ただ、粘土の含有率によって除染効果も
廃棄物の減容率も異なるという。

 石井教授らは4月、福島市の
聖心三育保育園で実証実験をした。

 園庭700平方メートルの汚染土を表面
から5ミリ分、計7トンはぎ取り、
水を混ぜた後、手動のミキサーで砂利と
泥水に分けた。

 さらに泥水を洗濯機で脱水し、粘土だけ
分離。
 分離した粘土ははぎ取った汚染土の
重さの8%だった。
 粘土の分離除去作業の後に検出された
放射性セシウムは、元の測定値
(1キロあたり3万ベクレル)の
25分の1に減った。
---------------------------------------

良いですね。
ミキサーで砂利と泥水に分けるだけ。

こちらも良さそうです。
土壌中のセシウム回収法産総研が開発
いろいろ組み合わせてよい方法を探して
一刻も早く除染を!

|

« ブラックホールの位置、初の特定 総合研究大学院大など | トップページ | 氷だけで昼間の冷房 普及進むヒートポンプ蓄熱システム »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

簡単で効果のある除染ができるといいですね。本当はそんな事考えなくていいのが一番なんですが、、、、

投稿: ゆきな | 2011年9月11日 (日) 08時57分

心からそう思います。

ここ郡山でも、結構高い所があるので、除染は必要でしょう。
でも、本当に残念ですが、技術的には可能でも、実際除染できるのは、
限られた範囲とならざるを得ないのではないかと思っています。

理由は、お金です。お金がかかりすぎます。

具体例を一つ。
私の家の近くにある、ある学校の校庭(500m×500m程度の大きさです)
の除染にどの位かかったと思いますか?
なんと1億円です。

校庭の土を一定の深さではぎ取っただけです。
かかりすぎのような気もしますが、期間は約1ケ月程度で、内訳は人件費と重機の
レンタル代だそうです。
とった土は校庭の隅に山積み状態にしてある。
この程度でこの位の費用がかかる。

除染の優先順位は学校、公園などの公共施設。
次が人の多く住んでいる居住地域。
その後が、それ以外の地域となりますが、

汚染された地域の面積で言えば、大部分が山林、農地であることを考えると、
もう絶望的だと思えてなりません。

例えば、山林。
除染の為に全ての木を伐採しなくてはいけないのではないか?
良い方法があるのだろうか?

もう気が遠くなりそうな話。

そういう地域は除染をあきらめて、200年位立ち入り禁止にしておくしか
ないのでは? とも思ってしまう。

どの程度まで放射線量を抑えれば良いのかもよくわからない。

単純に1mSv/年以下を目指すのであれば、0.1μSv/h程度まで下げる
必要がありますが、なかなか厳しい値だと思う。

まじめに考えると気が遠くなる。
ちなみに事故以前は0.0?μSv/h以下だったのです。

現実的な値として政府が言っている1μSv/h以下を目指すということで、
いくしかないと、その値とお金との兼ね合いでどこまで出来るかが決まる。

投稿: haredasu | 2011年9月12日 (月) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52684573

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能汚染土、水洗いで除染に効果 東北大が開発:

« ブラックホールの位置、初の特定 総合研究大学院大など | トップページ | 氷だけで昼間の冷房 普及進むヒートポンプ蓄熱システム »