« 大腸がん、予防に「葉酸」が効果 愛知がんセンター | トップページ | 高速増殖炉の研究開発、来年度は凍結へ »

2011年9月28日 (水)

iPSで「神経のもと」作製、脊髄損傷治療も

iPSで「神経のもと」作製、
脊髄損傷治療も

2011年9月27日12時32分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 様々な細胞に変化できる人間の
iPS細胞(新型万能細胞)を使って、
脊髄損傷のマウスを治療することに
慶応大学の岡野栄之教授らが成功した。


 治療効果は約4か月後も保たれ、がん化
もみられなかった。

 米科学アカデミー紀要(電子版)に近く
掲載される。

 研究チームは、山中伸弥・京都大教授
らが人間の皮膚から作ったiPS細胞を
培養し、神経の元になる「幹細胞」に
変化させた。

 免疫反応が起こらないように遺伝子操作
したマウスを作製し、脊髄を損傷した
9日後に神経幹細胞を移植した。

 この細胞を移植していないマウスは
十分に回復しなかったが、移植した
全18匹のマウスは秒速8センチ程度で
歩き続けるなど順調に回復。

 移植した神経幹細胞は、通常の
神経細胞に変化し、マウスの組織と
つながるなどしていた。
 がんはみられず安全性も確認できた。
---------------------------------------

>免疫反応が起こらないように
>遺伝子操作したマウスを作製
というのが気になりますが、
前進は前進ですね。

以前の投稿記事の時より進歩した
と言って良いのでしょうか?

人への臨床にはまだまだ時間がかかり
そうです。


以前投稿した記事です。
ヒトiPS細胞移植、脊髄損傷の
サル歩いた慶応大発表

2010年12月7日 朝日新聞

同じ先生のグループです。

|

« 大腸がん、予防に「葉酸」が効果 愛知がんセンター | トップページ | 高速増殖炉の研究開発、来年度は凍結へ »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52852446

この記事へのトラックバック一覧です: iPSで「神経のもと」作製、脊髄損傷治療も:

« 大腸がん、予防に「葉酸」が効果 愛知がんセンター | トップページ | 高速増殖炉の研究開発、来年度は凍結へ »