« 原発6基分の潜在力「浸透圧発電」とは | トップページ | 恐竜の羽毛?琥珀の中に…進化解明に期待 »

2011年9月16日 (金)

九大など、蛍光管からのレアアースのリサイクルを平成23年度内に事業化

九大など、蛍光管からのレアアースの
リサイクルを平成23年度内に事業化

2011/09/07 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 九州大学は9月6日、福岡県、福岡県
リサイクル総合研究センター
(リサイクルセンター)、三井金属鉱業、
日本イットリウム、ジェイ・リライツと
共同で、使用済み蛍光管からのレアアース
の回収・再資源化に一定の目処が立った
ことから、共同プロジェクトを立ち上げて
平成23年度中の事業化を目指すことを発表
した。

 使用済みの三波長蛍光管からレアアース
を回収する事業は全国初となる。

 三波長蛍光管には、イットリウム(赤)、
ランタン(緑)、セリウム(緑)、
テルビウム(緑)、ユーロピウム(赤、青)の
5種類のレアアースが蛍光粉として使用
されている。

 内側表面に、光を発するために
レアアースを含む蛍光粉がコーティング
されているのだ。

 メーカーや種類、大きさによって
含まれる量は異なるが、1本当たりおおよそ
2~5gの蛍光粉が利用されており、約70%が
レアアースとされている。

 つまり、蛍光管1本当たりレアアースが
1.4~3.5g利用されているのだ。

 しかし、使用済み蛍光管からはガラス、
口金のアルミ、水銀が回収利用されている
が、蛍光粉に含まれるレアアースについて
は技術や採算性の問題からほとんど再利用
されていない。

 だが、ここ1年でレアアースは輸入価格
が大変高騰しており、1年前に比べると
イットリウムが16倍、ランタンが11倍、
セリウムが17倍、ユーロピウムが9倍、
テルビウムが7倍となっていることから、
回収再利用が希求されているのが現状だ。

 同事業の市場規模は、九州で1年間に排出
される使用済み蛍光管のすべてが回収
されたとすると、レアアースの回収量は
約57t、金額にすると約25億円にも上ると
試算。
 日本の輸入に大きく依存している
レアアース資源の安定確保に貢献できる
としている。
---------------------------------------

都市鉱山ですね。
いろいろあるようですが、うまく回って
いないように思えます。

是非、回収、再利用し、有限な資源の
有効活用を進めてください。

資源の再利用は回収するシステムの構築が
難しい。
是非うまく作っていただきたい。

せっかく分別して出しているのに纏めて
焼却されていたということのないように
して貰いたい。

|

« 原発6基分の潜在力「浸透圧発電」とは | トップページ | 恐竜の羽毛?琥珀の中に…進化解明に期待 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52744206

この記事へのトラックバック一覧です: 九大など、蛍光管からのレアアースのリサイクルを平成23年度内に事業化:

« 原発6基分の潜在力「浸透圧発電」とは | トップページ | 恐竜の羽毛?琥珀の中に…進化解明に期待 »