« 微小磁石を用いて2スピン量子ビット演算素子の開発に成功 | トップページ | 「言い値」追認 国にツケ 値上げ適否判断できず(エネルギーを問う) »

2011年9月23日 (金)

10年間解けなかったタンパク質解析問題、ゲーム化により3週間で解かれる

10年間解けなかったタンパク質解析問題、
ゲーム化により3週間で解かれる

2011年09月20日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 たんぱく質の解析をゲーム化したツール
「Foldit」で、科学者たちが10年間
解けなかったプロテアーゼを出題して
みたところ、ゲーマーたちが、たった3週間
で解いてしまったらしい
(AFPBBニュース)。

 Folditの開発者の1人は「コンピューター
がまだ苦手にしている空間推論の能力が
人間には備わっている」「ゲームという
ものは、コンピューターと人間の力を結集
するための枠組みを提供する」などと
言っているようだが、人間である科学者が
これまで解けなかった問題をゲーマーが
解いてしまったんだよね。

 それならコンピュータと人間を比較する
より、なぜゲーマーが解けたのかを検討
する方が有意義だと思うのだが……。
---------------------------------------

アプローチの仕方の問題では?

ゲーマーの集中力は素晴らしい。

一つのテーマに沿って研究を続けている
人は考え方の柔軟性が無くなってくる
ような気が、

私も、なぜゲーマーが解けたのかを検討
する方が有意義だと思います。


|

« 微小磁石を用いて2スピン量子ビット演算素子の開発に成功 | トップページ | 「言い値」追認 国にツケ 値上げ適否判断できず(エネルギーを問う) »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52809696

この記事へのトラックバック一覧です: 10年間解けなかったタンパク質解析問題、ゲーム化により3週間で解かれる:

« 微小磁石を用いて2スピン量子ビット演算素子の開発に成功 | トップページ | 「言い値」追認 国にツケ 値上げ適否判断できず(エネルギーを問う) »