« 「バイオディーゼル-自産自消の有力エネルギー」 | トップページ | エコで勝負:ホンダ 燃費改善したガスエンジン »

2011年8月30日 (火)

ピロリ菌の作るタンパク質が細胞機能を破壊する仕組み

ピロリ菌の作るタンパク質が細胞機能を
破壊する仕組み

2011年8月 時事ドットコム

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 胃がんの原因となるヘリコバクター・
ピロリ菌の作るタンパク質が、
人の体細胞内にあるタンパク質に偽装する
ことで細胞機能を破壊し、病気をもたらす
ことが22日、東京大の畠山昌則教授
(微生物学)の研究で明らかになった。

 米科学アカデミー紀要電子版に掲載
される。

 ピロリ菌の細胞機能への作用を解明した
のは世界で初めて。
 畠山教授は「この作用が病気の原因
になる」としており、胃がんなどの
発病メカニズムの解明が期待できるという。

 畠山教授によると、ピロリ菌は
CagAという発がん性タンパク質を人の
細胞内に注入する。
 CagA分子には「EPIYAモチーフ」
という構造があり、研究では、人の体細胞内
にあるプラグミンというタンパク質が同じ
構造を持っていることを発見した。

 プラグミンはEPIYAモチーフを
介して酵素と結合し、細胞の増殖や配置を
制御するタンパク質の機能を調整する。

 ピロリ菌の作るCagAはプラグミンに
偽装して酵素と結合し、細胞分裂などに
異常を起こすことが分かった。

 EPIYAモチーフは他の細菌が作る
タンパク質にも見られ、畠山教授は
「細菌が引き起こす病気の解明につながる」
としている。
---------------------------------------

本当にヘリコバクター・ピロリ菌という
のは悪いやつですね。

>ピロリ菌はCagAという発がん性
>タンパク質を人の細胞内に注入する。
らしいです。

ピロリ菌は徹底的に排除しましょう。

>EPIYAモチーフは他の細菌が作る
>タンパク質にも見られ、畠山教授は
>「細菌が引き起こす病気の解明に
>つながる」
と言っています。
期待しましょう。


詳細は下記リンクを参照してください。

ピロリ菌がんタンパク質CagAが
機能偽装するヒトタンパク質の発見
―細菌が産生する病原タンパク質の
起源解明に進展―

平成23年8月23日
東京大学大学院医学系研究科

|

« 「バイオディーゼル-自産自消の有力エネルギー」 | トップページ | エコで勝負:ホンダ 燃費改善したガスエンジン »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52605874

この記事へのトラックバック一覧です: ピロリ菌の作るタンパク質が細胞機能を破壊する仕組み:

« 「バイオディーゼル-自産自消の有力エネルギー」 | トップページ | エコで勝負:ホンダ 燃費改善したガスエンジン »