« 音波から磁気の流れを創り出すことに成功 | トップページ | 「バイオディーゼル-自産自消の有力エネルギー」 »

2011年8月30日 (火)

インフル「狙い撃ち」抗体を発見 藤田保健衛生大など

インフル「狙い撃ち」抗体を発見
藤田保健衛生大など

2011年8月25日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 毎年のように流行するインフルエンザで、
ウイルスの変異しない箇所を見抜いて
「狙い撃ち」する抗体を、藤田保健衛生大学
(愛知県豊明市)などの研究グループが発見
した。

 25日付の米医学誌
ジャーナル・オブ・バイロロジー電子版に
発表した。

 インフルエンザは、体内に侵入した
ウイルスの表面にある突起(HA)が
人間の細胞にくっついて増殖する。
 突起は棒の先に球がついたマッチ棒
のような形で、抗体は突起にとりついて
ウイルスを撃退する。

 だが、人間のほか、豚や鳥にも感染する
A型インフルの突起は変異しやすいため、
過去の感染で作られた抗体ではうまく撃退
できないと考えられていた。

 藤田保健衛生大の黒沢良和学長
(免疫遺伝学)らは、世代の違う男性3人
の血液から様々な抗体を採取。
 1968~2004年に流行したウイルス
(H3N2)12種の突起と抗体との反応
を調べた。

 その結果、30代男性から得られた抗体
の一つは、12種全てを撃退する働きが
あることを発見。

 突起が人間の細胞にくっつく際に接点
となる球の「穴」の部分めがけて攻撃して
いるらしいことがわかった。

 この穴はウイルスの他の部分が変異
しても構造は変わらないと見られ、同様の
抗体を人工的に作ることができれば治療に
応用できるという。

 黒沢学長は「新型インフルにつながる
H5N1型にも同じ『穴』がある可能性が
高い。今後、構造を詳しく調べたい」と
話している。(高山裕喜)
---------------------------------------

素晴らしい発見のようです。
インフルエンザはどんどん変異する。
その変異にいちいち対応する抗体を
作っていたのでは大変です。

上手くいくと良いですね。
期待したい。

|

« 音波から磁気の流れを創り出すことに成功 | トップページ | 「バイオディーゼル-自産自消の有力エネルギー」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52605274

この記事へのトラックバック一覧です: インフル「狙い撃ち」抗体を発見 藤田保健衛生大など :

« 音波から磁気の流れを創り出すことに成功 | トップページ | 「バイオディーゼル-自産自消の有力エネルギー」 »