« 東工大、世界最高性能のリチウムイオン電池用固体電解質を開発 | トップページ | LOTUS:中枢神経の再生を促進 マウスの脳で発見 »

2011年8月 5日 (金)

6500万年に1秒しか狂わない時計 東大など精度実証

6500万年に1秒しか狂わない時計
東大など精度実証

2011年8月5日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「光格子時計」と呼ばれる時計は
「6500万年に1秒」しか狂わないことを
総務省傘下の独立行政法人、情報通信研究
機構と東京大が実証し、4日発表した。

 現在、最も正確とされる原子時計を
上回る精度で、「1秒」のより正確な定義
にもつながる成果だ。

 光格子時計は、原子が出す電磁波を
振り子のように使う原子時計の一種。

 東大の香取秀俊教授が考案した。
 レーザー光の応用で電磁波を安定させ、
理論的には「100億年に1秒」程度の
精度が可能とされる。

 発表によると、同機構と東大が独自に
つくった二つの光格子時計の進み方を
互いに比べ合い、「3千万年に1秒」と
される最高精度の原子時計を上回る精度を
確かめた。

 「70億年に1秒」とされる時計が
米国にあるが精度は実証されておらず、
同機構と東大の時計が世界一になると
いう。
---------------------------------------

素晴らしいです。

「1秒」のより正確な定義が出来ると
言うことになるわけですが、
どういう利点がでてくるのかな?

速度をより正確に測定できるように
なりますね。あと何が?

|

« 東工大、世界最高性能のリチウムイオン電池用固体電解質を開発 | トップページ | LOTUS:中枢神経の再生を促進 マウスの脳で発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52397792

この記事へのトラックバック一覧です: 6500万年に1秒しか狂わない時計 東大など精度実証:

« 東工大、世界最高性能のリチウムイオン電池用固体電解質を開発 | トップページ | LOTUS:中枢神経の再生を促進 マウスの脳で発見 »