« 小水力発電は地域のエネルギー源となるか? | トップページ | 「肥満になると血圧が上がる」メカニズムを解明 ~メタボリックシンドロームの発症機序明らかに~ »

2011年8月18日 (木)

福島の子ども、半数近くが甲状腺被曝 政府調査で判明

福島の子ども、半数近くが甲状腺被曝
政府調査で判明

2011年8月17日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京電力福島第一原子力発電所事故
をめぐり、政府の原子力災害対策本部は
17日、福島県の子ども約1150人を
対象にした甲状腺の内部被曝(ひばく)検査
で、45%で被曝が確認されていたことを
明らかにした。

 17日、同県いわき市で開かれた説明会
で発表した。
 すぐに医療措置が必要な値ではないと
判断されているが、低い線量の被曝は
不明な点も多く、長期的に見守る必要が
ある。

 検査は3月24~30日、いわき市と
川俣町、飯舘村で0~15歳の子どもを
対象に実施した。

 原子力安全委員会が当時、精密検査が
必要だと決めた基準は甲状腺被曝線量が
毎時0.20マイクロシーベルト以上。

 1150人のうち、条件が整い
測定できた1080人は全員、
0.10マイクロシーベルト以下だった。

 この日、説明会には、検査を受けた
子どもの保護者ら約50人が参加した。
 対策本部原子力被災者生活支援チームの
福島靖正医療班長は「問題となるレベル
ではない」と説明した。

 3月の検査時に、その場で「健康に影響
はない」とする結果が保護者らに
伝えられた。
 ただし数値は通知されず、説明を求める
声が上がっていた。
---------------------------------------

理解できない。
測定値も通知せず健康に影響は無いと
言われても安心できる訳がない。

数値を出さないのは何か隠している
のだと感じるのが普通。

測定した日と説明した日にずれが
ありすぎる。

「何でこんなにかかるのか。
もし、被曝線量が多ければ、5ヶ月も
危険な場所に息子を住まわせていたこと
になる。」
と、いわき市のある女性会社員が言って
います。

当然です。
何故こんなにかかるのでょうか?

放射性ヨウ素の半減期は8日です。
3カ月もするとほぼゼロになる。

5ヶ月もたった今頃説明する意味が
分からない。

内部被曝検査は何を用いて測定したので
しょうか?
ホールボディカウンターはガンマ線しか
測定出来ません。
内部被曝をどう推定するのでしょうか?
説明して欲しい。


参考までに、ヨウ素-131の
基礎知識。

崩壊方式
ベータ線を放出して、キセノン-131
(131Xe)となる。
ガンマ線が放出される。

このベータ線が危険なのです。

|

« 小水力発電は地域のエネルギー源となるか? | トップページ | 「肥満になると血圧が上がる」メカニズムを解明 ~メタボリックシンドロームの発症機序明らかに~ »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島の子ども、半数近くが甲状腺被曝 政府調査で判明:

« 小水力発電は地域のエネルギー源となるか? | トップページ | 「肥満になると血圧が上がる」メカニズムを解明 ~メタボリックシンドロームの発症機序明らかに~ »