« 五山送り火:陸前高田のまきからセシウム検出 使用中止 | トップページ | 「日本発の技術でたんぱく質ナノモーターが回転する仕組みを解明:従来の説を覆す」 »

2011年8月16日 (火)

脳血流変化とみかけの動脈血酸素飽和度を同時計測する装置

脳血流変化とみかけの動脈血酸素飽和度を
同時計測する装置

12 AUGUST 2011 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 スペクトラテックは脳局所の脳血流変化
とみかけの動脈血酸素飽和度を同時に計測
する光イメージング脳機能測定装置
「Spectratech OEG-SpO2」を製品化
しました。

 これまでの光を用いた脳機能測定機器
は脳局所の脳血流変化を測定するもの
でしたが、OEG-SpO2はそれに加え、みかけ
の動脈血酸素飽和度も同時に測定できる
初めての製品です。

 脳血流変化とみかけの動脈血酸素飽和度
が同時に計れることになったことで、
脳循環・代謝を含めたより深い脳機能研究
が行えるようになっていくことが期待
されています。

 この装置は2011年8月から予約が開始
され、10月からの発売が予定されて
います。定価は256万円で、
スペクトラテックは年間100台の出荷を
見込んでいます。
---------------------------------------

良いですね。

今までのものは、脳血流変化のみでした
から、より深い脳機能研究に貢献出来る
ことに期待したい。

|

« 五山送り火:陸前高田のまきからセシウム検出 使用中止 | トップページ | 「日本発の技術でたんぱく質ナノモーターが回転する仕組みを解明:従来の説を覆す」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52488979

この記事へのトラックバック一覧です: 脳血流変化とみかけの動脈血酸素飽和度を同時計測する装置:

« 五山送り火:陸前高田のまきからセシウム検出 使用中止 | トップページ | 「日本発の技術でたんぱく質ナノモーターが回転する仕組みを解明:従来の説を覆す」 »