« 英のMOX燃料工場閉鎖へ 日本のプルサーマル不透明で | トップページ | 第三の超伝導メカニズムを発見 »

2011年8月 4日 (木)

脳に電流、アルツハイマー病に有効

脳に電流、アルツハイマー病に有効
2011年8月3日19時19分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 うつ病などの治療のため脳に電流を流す
電気けいれん療法で、アルツハイマー病を
引き起こすたんぱく質の働きを抑制できる
ことを、金沢医科大学の加藤伸郎教授らの
研究チームがマウスの実験で突き止めた。

 3日付の米科学誌「ジャーナル・オブ・
ニューロサイエンス」で発表する。

 アルツハイマー病の患者は、神経細胞の
機能を低下させるたんぱく質
「アミロイドβ」(Aβ)の濃度が脳内で
高まっている。

 加藤教授らは、マウスの脳内の情報伝達
を担う電気信号を観察。
 Aβを過剰に作り出すアルツハイマー病
のマウスでは、正常なマウスに比べ、信号
の継続時間が約1・5倍の長さになって
いることを発見した。

 信号を送る時間が長いと、脳内に送られる
カルシウム量が過剰になって神経細胞に
悪影響を与え、それがアルツハイマー病の
一因になるとされる。

 Aβの増加で信号の継続時間が長くなって
いるマウスの脳に、電気けいれん療法と同様
の電流を流すと、信号の時間が正常な長さに
戻った。
---------------------------------------

う~ん。

これでどの程度進行を抑制できるので
しょうか?

脳に電流を流すのって怖いですね。
安全なのでしょうか?
人間でも同じなのでしょうか?

|

« 英のMOX燃料工場閉鎖へ 日本のプルサーマル不透明で | トップページ | 第三の超伝導メカニズムを発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52388787

この記事へのトラックバック一覧です: 脳に電流、アルツハイマー病に有効:

« 英のMOX燃料工場閉鎖へ 日本のプルサーマル不透明で | トップページ | 第三の超伝導メカニズムを発見 »