« がんの兆候を早期発見 島津製作所、検出感度高める | トップページ | 慢性アレルギーの仕組み解明 東京理科大教授ら »

2011年8月17日 (水)

土壌のセシウム除去、水洗いとふるい分けで効率的に

土壌のセシウム除去、水洗いと
ふるい分けで効率的に

2011年8月17日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 水洗いとふるい分けを組み合わせること
で、放射能汚染された土壌から
放射性セシウムを効率的に取り除く仕組み
を京都大の豊原治彦准教授らが開発した。

 住宅や公園の表土など粘土の少ない土
では有効という。
 9月に長崎市で開かれる日本水産学会で
発表する。

 豊原准教授は、1キロあたり3千~5千
ベクレルの放射性セシウムを含む
福島県郡山市の公園の土で実験した。
 細かい粘土が重さで土全体の4%と、
粘土の少ない土。

 まず、汚染土壌をざるの上でたわしで
こすって水洗いすると、水にセシウムの
約88%が移った。
 洗浄水にあるセシウムは、薬剤を使って
100%集めて沈殿させることができた。
---------------------------------------

良いですね。
積極的に徐染の良い方法を政府と自治体に
指導してください。

個人では無理です。

もっとも困るのが除去した汚染物質の
廃棄場所。

汚泥など、発生する場所は各々違う。
「発生元が処理するのが原則」などと
言っているようですが、汚染物質を
ばらまいたのは東電と政府。

どうして自治体に処理する責任がある
のでしょうか?

自分の所で発生させたものならともかく、
勝手に汚しておいて、各自治体で勝手に
処理しろとはあきれてしまう。

|

« がんの兆候を早期発見 島津製作所、検出感度高める | トップページ | 慢性アレルギーの仕組み解明 東京理科大教授ら »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52497332

この記事へのトラックバック一覧です: 土壌のセシウム除去、水洗いとふるい分けで効率的に:

« がんの兆候を早期発見 島津製作所、検出感度高める | トップページ | 慢性アレルギーの仕組み解明 東京理科大教授ら »