« (社説)再生エネ法案 これでは世界に遅れる | トップページ | 光が不要の光発電システム、MITが開発 »

2011年8月 5日 (金)

iPS細胞から精子、出産 京大、マウス実験 孫も誕生

iPS細胞から精子、出産
京大、マウス実験 孫も誕生

2011年8月5日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Osk201108040188


 マウスのiPS細胞、ES細胞それぞれ
の万能細胞から精子をつくり出すことに、
京都大のチームが成功した。

 その精子を使って受精、出産にも成功。

 万能細胞からつくった精子について、
生殖細胞としての働きを確認することが
できたのは初めてという。
 5日、米科学誌セル電子版に掲載された。

 体外で大量につくれるため、精子ができる
仕組みを調べることが容易になり、不妊の
原因解明にも役立てることができそうだ。

 ただ、ヒトの生殖細胞をつくることを
めぐっては、技術的な問題や倫理的課題も
あるため、さらに時間が必要という。

 斎藤通紀(みちのり)教授と林克彦講師
らのチームは、精子や卵子の元になる
「始原生殖細胞」がマウスの体内で
つくられる仕組みやその際に働く物質を
調べ、体内で起きている状態の再現を目指
した。

 始原生殖細胞は、受精卵の状態から分化
が進むと現れる「エピブラスト」
(胚体外胚葉)からつくられる。

 チームはそれぞれの段階で必要な物質を
特定。
 万能細胞からエピブラスト、さらに
始原生殖細胞へと、体内で起きているのと
同じ順序で変化させることで、
始原生殖細胞をつくり出すことに成功した。

 この細胞を先天的に精子をつくれない
マウスの精巣に入れたところ、精子が
でき、さらにその精子を体外受精させて
マウスが生まれた。

 そのマウスは順調に育ち、孫も生まれた
という。

 iPS細胞はオスのマウスの皮膚の細胞
からつくったものを使った。
---------------------------------------

ひとつのブレークスルーを突破したと
いうことで、おめでとうございます。

精子を作ることが出来たということが、
どのような意味をもつことになるのか
については時間が必要と思いますが、
思っていたより技術の進歩は早かった
というのが感想です。

今後いろいろな問題があるでしょうが、
人を救うという、そのことが目的なの
ですから、そのことから逸脱しないよう
に進めていって欲しいと思います。

詳細については、下記リンクを

多能性幹細胞で作製した生殖細胞に由来
するマウスの産出に成功
(生殖細胞形成メカニズムの解明、
不妊症の原因究明などに貢献)

平成23年8月5日
京都大学
科学技術振興機構(JST)


|

« (社説)再生エネ法案 これでは世界に遅れる | トップページ | 光が不要の光発電システム、MITが開発 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52397263

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞から精子、出産 京大、マウス実験 孫も誕生 :

« (社説)再生エネ法案 これでは世界に遅れる | トップページ | 光が不要の光発電システム、MITが開発 »