« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 病院にはびこる都市伝説 「交通事故は健康保険が使えない」は本当か »

2011年8月 8日 (月)

理研、がん診断などに有効ながんマーカーの細胞内蛍光検出法を開発

理研、がん診断などに有効な
がんマーカーの細胞内蛍光検出法を開発

2011/08/04 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 理化学研究所(理研)は、がん診断や
投薬前診断に有用なマーカー分子である
「グルタチオン転移酵素(GST)」の存在や
量を可視化することができるイメージング
プローブの開発に成功したことを発表
した。

 グルタチオン転移酵素(GST)は、生体内で
異物を解毒する機構の一翼を担っている
重要な酵素で、異物と細胞内に豊富に存在
する3つのペプチド結合からなる
グルタチオンを結びつけ、
異物-グルタチオン抱合体を作りだす機能を
持つ。

 この反応の結果、抱合体は親水性が向上
し、多剤耐性タンパク質と呼ばれる
薬剤排出ポンプによって生体外に排出され、
無毒化されるが、がん細胞では、GSTが
過剰に発現していることが知られており、
がん診断のためのマーカー分子として注目
されている。

 また、過剰なGSTは、抗がん薬を速やかに
細胞外に排出してしまうため、薬剤耐性の
原因にもなっているため、がんの投薬治療
の方針を決定する上で、細胞のGST量を知る
ことは重要となるが、これまでに報告されて
いるGST検出プローブは、検出感度に問題が
あるものや、蛍光を発生する際にプローブ
自身がグルタチオンと抱合体を形成して
細胞外に排出されてしまう問題があり、
実用的なGST検出プローブの開発が難しい
のが実情であった。

 今回、研究グループは、細胞内のGSTを
検出するため、市販の蛍光化合物の
アミノ基に求電子性のアリールスルフォニル
保護基を導入する手法で、検出プローブを
合成した。

 同検出プローブにGSTとグルタチオンを
加えると、GSTの触媒反応により
グルタチオンが検出プローブに対し
求核攻撃を行う。

 この反応によりマイゼンハイマー錯体が
形成された後、検出プローブから保護基が
外れると蛍光が発生することが確認された。

 この蛍光量から、GSTの量を定量的に
測定することができることから、研究では、
蛍光化合物として青色のクマリン、
緑色のローダミン、
赤色のクレシルバイオレットを用いて
測定を実施、いずれの化合物も
アリールスルフォニル保護基を導入する
ことで、ほぼ無蛍光の化合物になった
ほか、同プローブにGSTとグルタチオンを
添加したところと、アリールスルフォニル
保護基が外れてそれぞれの色の蛍光が
発生したという。

 今回開発された手法は汎用性が高く、
蛍光剤以外の薬剤にも応用が可能である
ことから、研究グループでは今後、同手法
を抗がん剤へ応用し、GST量の高いがん細胞
に特異的に薬理活性を示すプロドラックの
開発を進めていく計画としている。
---------------------------------------

>GSTの量を定量的に測定することができる
良いですね。

>今回開発された手法は汎用性が高く、
>蛍光剤以外の薬剤にも応用が可能である
>ことから、研究グループでは今後、
>同手法を抗がん剤へ応用し、GST量の高い
>がん細胞に特異的に薬理活性を示す
>プロドラックの開発を進めていく計画
とのことで期待したい。

理研へのリンクは下記
がんマーカー「グルタチオン転移酵素」の
細胞内蛍光検出法を開発
-がん診断法や投薬前診断法の新手法、
基礎から診断まで応用可能-

詳細はこちらを見てください。

|

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 病院にはびこる都市伝説 「交通事故は健康保険が使えない」は本当か »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52424572

この記事へのトラックバック一覧です: 理研、がん診断などに有効ながんマーカーの細胞内蛍光検出法を開発:

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 病院にはびこる都市伝説 「交通事故は健康保険が使えない」は本当か »