« 抗体医薬の効果を100倍化 日本発の創薬テクノロジー ポテリジェント技術 | トップページ | 日産、リーフから住宅に6kWの電力を供給するシステムを開発 »

2011年8月 2日 (火)

「がん抑制遺伝子」増える仕組み解明 九州大グループ

「がん抑制遺伝子」増える仕組み解明
九州大グループ

2011年8月1日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 がんを抑える遺伝子を増やす仕組みを、
九州大生体防御医学研究所の鈴木聡教授ら
のグループが突き止めた。

 この遺伝子を邪魔する特定の分子が
わかった。

 この分子が少ないがん患者は5年生存率
が高かった。
 これを応用すれば、新たな抗がん剤開発
などが期待できるという。

 31日付の米科学誌ネイチャーメディシン
電子版に掲載された。

 この分子は「PICT1」。
 がん細胞の中でPICT1の発現が
抑えられていると、がんを抑える遺伝子
として知られる「p53」がよく増える
仕組みがわかったという。

 大阪大の森正樹教授らのグループと共同
で患者から摘出したがん組織のPICT1
の発現量と、5年後の生存率を調べた。

 食道がん患者で発現量が高かった
グループは生存率が25%。
 一方で低かったグループは42%だった。
 大腸がん患者ではそれぞれ62%、
81%となり、PICT1の発現量が低い
と生存率が高かった。
---------------------------------------

>がんを抑える遺伝子を邪魔する特定の
>分子「PICT1」

早く新たな抗がん剤が開発されると良い
ですね。

関連情報リンクです。
「がん抑制遺伝子p53を制御する新しい
分子の発見」

九州大学

|

« 抗体医薬の効果を100倍化 日本発の創薬テクノロジー ポテリジェント技術 | トップページ | 日産、リーフから住宅に6kWの電力を供給するシステムを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52372881

この記事へのトラックバック一覧です: 「がん抑制遺伝子」増える仕組み解明 九州大グループ:

« 抗体医薬の効果を100倍化 日本発の創薬テクノロジー ポテリジェント技術 | トップページ | 日産、リーフから住宅に6kWの電力を供給するシステムを開発 »