« 慢性アレルギーの仕組み解明 東京理科大教授ら | トップページ | ビフィズス菌「LKM512」摂取による寿命伸長効果を発見 »

2011年8月17日 (水)

関節リウマチ:治療薬の投与量、上限引き上げ--厚労省

関節リウマチ:治療薬の投与量、
上限引き上げ--厚労省

毎日新聞 2011年8月16日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 厚生労働省はこのほど、関節リウマチの
主要な治療薬「メトトレキサート」の
週間投与量の上限を、8ミリグラムから
16ミリグラムに倍増することを認めた。

 投与前の検査で副作用が起こりやすい人
を調べることもでき、日本リウマチ学会は、
医師に適正使用を呼びかけている。

 関節リウマチは手足などの関節に炎症が
起こり、骨や軟骨を破壊する進行性の病気。

 国内患者は約70万人と推定され、
約7割が女性。
 30~50歳代に発症する人が多い。

 メトトレキサートは関節リウマチの炎症
を抑える作用があり、学会が出した医師向け
ガイドラインは、第1選択薬として使うこと
を認めている。

 学会理事長の宮坂信之・東京医科歯科大学
医学部付属病院長は、従来の投与量で
十分効果がなかった人に「週8ミリグラム
以上使えば3割以上の人に効果がある」
と話す。

 一方、白血球や血小板減少、間質性肺炎
などの副作用が出ることがある。
 ガイドラインでは、副作用の
起こりやすい人を割り出すため投与前の
血液検査や肝炎ウイルス検査などを勧めて
いる。
 処方後は、副作用を防ぐため葉酸製剤の
並行投与が有効だという。
---------------------------------------

関節リウマチいやですね。
これで少し改善されると思われます。

>この10年で劇的に変わった治療法
>以前の段階を上げていく治療法とは
>反対に、初期のうちからしっかり
>抗リウマチ薬を使って関節の破壊を
>抑えていく治療法に変わったのです。

今や関節リウマチは、早く診断し治療を
始める重要性が強調されるようになって
います。

実は最近手の関節を動かすと痛みがあって
関節リウマチになりかけているのかな?
なんて、思っているのです。
どうなのかな?

|

« 慢性アレルギーの仕組み解明 東京理科大教授ら | トップページ | ビフィズス菌「LKM512」摂取による寿命伸長効果を発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52497567

この記事へのトラックバック一覧です: 関節リウマチ:治療薬の投与量、上限引き上げ--厚労省:

« 慢性アレルギーの仕組み解明 東京理科大教授ら | トップページ | ビフィズス菌「LKM512」摂取による寿命伸長効果を発見 »