« 花粉症緩和米が薬事法に基づき、減感作療法の治療薬として今年の収穫から開発開始 | トップページ | 内耳形作る遺伝子特定 神戸大チーム »

2011年8月12日 (金)

京大のiPS細胞、米でも特許…日米欧を制す

京大のiPS細胞、米でも特許
…日米欧を制す

2011年8月12日01時36分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 京都大は11日、山中伸弥教授らが開発
したiPS細胞(新型万能細胞)の
作製技術に関する特許が、世界最大の
医薬品市場を持つ米国で成立したと発表
した。

 京大はこれで市場の8割を占める
「日米欧」のすべてを制し、世界で
iPS細胞の基本特許を事実上独占する形
となった。

 京大は関連技術を学外でも積極利用
してもらう方針で、今後は再生医療や
創薬などの応用研究が一層加速しそうだ。
---------------------------------------

おめでとうございます。
重要な一歩ですね。

|

« 花粉症緩和米が薬事法に基づき、減感作療法の治療薬として今年の収穫から開発開始 | トップページ | 内耳形作る遺伝子特定 神戸大チーム »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52454703

この記事へのトラックバック一覧です: 京大のiPS細胞、米でも特許…日米欧を制す:

« 花粉症緩和米が薬事法に基づき、減感作療法の治療薬として今年の収穫から開発開始 | トップページ | 内耳形作る遺伝子特定 神戸大チーム »