« 色素増感太陽電池で世界最高効率を5年ぶりに更新 | トップページ | 慶応大、T細胞が自ら皮膚や粘膜に浸潤し皮膚炎を起こすことを確認 »

2011年8月26日 (金)

断末魔の星:ブラックホールにのまれる瞬間のガンマ線観測

断末魔の星:ブラックホールにのまれる
瞬間のガンマ線観測

毎日新聞 2011年8月25日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 星が巨大ブラックホールにのみ込まれる
瞬間の“断末魔の叫び”ともいえる
「ジェット」という現象を初めて観測した
と、日米などの研究チームが25日、
英科学誌ネイチャーに発表した。

 観測は、国際宇宙ステーションの
日本実験棟「きぼう」に設置した
全天エックス線監視装置「MAXI」と、
米航空宇宙局(NASA)の
衛星「スウィフト」で実施。

 チームは3月末、遠方の天体から非常に
強いガンマ線が突然放出されたのを検出。

 エックス線でも観測し解析したところ、
地球から39億光年離れた銀河の中心部
にある巨大ブラックホールから出る
ジェットと確認した。

 ジェットは、ブラックホールに星間ガス
などの物質が落ちるときに観測される。

 今回のジェットは長期間にわたり断続的
に強い信号が観測されたのが特徴で、
チームは星がバラバラに壊れて
のみ込まれる際のはずみで出るジェット
と判断した。

 MAXIは2009年、
スペースシャトルで打ち上げられ、
若田光一さんがロボットアームで
きぼうの船外実験施設に設置した。
---------------------------------------

巨大ブラックホール恐ろしいです。
地球の近くになくて良かった。

関連記事です。
星がブラックホールに…
瞬間を世界で初めて観測

2011年8月25日11時28分 読売新聞

|

« 色素増感太陽電池で世界最高効率を5年ぶりに更新 | トップページ | 慶応大、T細胞が自ら皮膚や粘膜に浸潤し皮膚炎を起こすことを確認 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52571393

この記事へのトラックバック一覧です: 断末魔の星:ブラックホールにのまれる瞬間のガンマ線観測:

« 色素増感太陽電池で世界最高効率を5年ぶりに更新 | トップページ | 慶応大、T細胞が自ら皮膚や粘膜に浸潤し皮膚炎を起こすことを確認 »