« 関節リウマチ:治療薬の投与量、上限引き上げ--厚労省 | トップページ | 小水力発電は地域のエネルギー源となるか? »

2011年8月17日 (水)

ビフィズス菌「LKM512」摂取による寿命伸長効果を発見

ビフィズス菌「LKM512」摂取による
寿命伸長効果を発見

2011年8月17日
協同乳業株式会社

詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考です。

---------------------------------------
 今回の研究は、プロバイオティクス
ビフィズス菌「LKM512」を摂取し、
腸内細菌に※ポリアミンを生成させること
で、老年病の原因である慢性炎症を抑える
ことが可能になるという仮説を検証する
ために実施しました。

 実験は、10ヶ月齢のマウス
(ヒト換算:30-35歳)を用い、
LKM512投与、ポリアミンの経口投与、
生理食塩水との比較試験の形式で行い
ました。

 その結果、LKM512は、大腸内の
ポリアミン濃度を上昇させることで、
大腸バリア機能が維持され、抗炎症効果が
得られ、寿命を伸長させることが明らかに
なりました。

 一方、ポリアミンの経口投与でも一定の
寿命伸長効果はあったものの、LKM512と
比較すると弱いものでした。

 今回の研究成果は、カロリー制限以外の
方法で、マウスの寿命伸長効果が得られる
ことを証明した数少ない成果となって
います。

※ポリアミン:DNA、RNA、タンパク質の
合成および安定化や細胞の増殖および分化
に関与している生理活性物質であり、
全ての生物の細胞に普遍的に存在する。
 抗炎症作用、抗変異原作用、
オートファジーの誘導、腸管バリア機能の
維持・促進などの作用が報告されている。
---------------------------------------

なかなか面白い成果ですね。

真面目な研究なのでそれなりに信用できそう
です。

>カロリー制限以外の方法で、マウスの
>寿命伸長効果が得られることを証明した
>数少ない成果
だそうです。

この前、テレビ放送で、長寿遺伝子の
活性化には20~30%のカロリー制限が有効
だと言っていましたね。
米国ではお金をかけて大規模な研究を
しているようでした。
多人数、長時間をかけた研究です。
かなり有効そうでした。

ただ長寿だけでなく、健康で、
というのが大事ですね。

|

« 関節リウマチ:治療薬の投与量、上限引き上げ--厚労省 | トップページ | 小水力発電は地域のエネルギー源となるか? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52497790

この記事へのトラックバック一覧です: ビフィズス菌「LKM512」摂取による寿命伸長効果を発見:

« 関節リウマチ:治療薬の投与量、上限引き上げ--厚労省 | トップページ | 小水力発電は地域のエネルギー源となるか? »