« T細胞の改変で末期の白血病患者が全快、米研究 | トップページ | 福島第一原発、溶融燃料の測定法開発へ 文科省 »

2011年8月18日 (木)

バイオジェン・アイデックとアボットが、再発寛解型多発性硬化症に対するダクリズマブHYPの最初の登録制臨床試験から得られた肯定的なトップライン結果を発表

バイオジェン・アイデックとアボットが、
再発寛解型多発性硬化症に対する
ダクリズマブHYPの最初の登録制臨床試験
から得られた肯定的なトップライン結果
を発表

SELECT試験は年率換算再発率の有意な抑制
を示し、
主要なセカンダリーエンドポイントを達成

完全なデータは近く予定されている
医学会議で発表予定
August 11, 2011 BusinessWire

詳細は、リンクを参照して下さい。
参考情報です。


>高収率合成ダクリズマブ(DAC HYP)は
>ダクリズマブの皮下投与製剤であり、
>MSの最も一般的な形態であるRRMSの
>治療を目的とする治験薬です。

>DAC HYPはCD25に結合する
>ヒト化モノクローナル抗体です。

>CD25はMSのような自己免疫疾患で異常に
>活性化すると考えられるT細胞上に
>高レベルで発現する受容体サブユニット
>です。

>過去の臨床試験から得られたデータ
>では、DAC HYPがCD56bright NK細胞を
>増加させることが示されています。
>この細胞は一般的な免疫細胞の枯渇を
>もたらすことなく、MSにおいて主要な
>役割を果たす活性化免疫細胞を標的と
>します。

|

« T細胞の改変で末期の白血病患者が全快、米研究 | トップページ | 福島第一原発、溶融燃料の測定法開発へ 文科省 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/52506164

この記事へのトラックバック一覧です: バイオジェン・アイデックとアボットが、再発寛解型多発性硬化症に対するダクリズマブHYPの最初の登録制臨床試験から得られた肯定的なトップライン結果を発表:

« T細胞の改変で末期の白血病患者が全快、米研究 | トップページ | 福島第一原発、溶融燃料の測定法開発へ 文科省 »